妙高市 オーモリラーメン 新井店 / 新潟六大ラーメン?! 上越豚骨醤油の元祖。

せいほう国道店の記事に名前が出てきた「オーモリラーメン」。最近、名前を聞くことが多くなってきた上越妙高豚骨醤油ラーメン、その発祥のお店です。

オーモリラーメン新井店の外観

オーモリラーメンの現存する店舗は、この新井店のみです。そういえば、旧・新井市って、上越市でなく妙高市になったんですね。

博多や長浜のような九州系とんこつラーメンとは違って、上越妙高豚骨醤油は「白濁していない豚骨スープ」が特徴、ということになっています。

オーモリラーメン新井店の「ラーメン」

・・・が、本家オーモリのは意外と濁ってますね (^^ゞ

豚の臭みはそれほど感じませんでした。油多めで、味は甘め。甘め、というより結構な甘さ。(良い意味での)化学調味料の甘さでしょうか?

お客さんが途絶えることがないためか、大量に仕込んで作ってる豪快な旨さ、ってのがヒシヒシと感じられます。さすが人気店!

麺は、プリプリとした多加水な中太麺。オーモリという店名が他人とは思えませんが、量は「オーモリ」って感じはなくて、ごく普通でした。

他のお客さんが注文していたチャーハンが美味しそうに見えました。「隣の芝生は青く見える」と昔から言いますが、「隣のチャーハンが旨そうに見える」のは私だけでしょうか? 大盛りチャーハンの盛り具合も、実に魅力的でした。

次回はチャーハンを狙いたい感じ。でも、せっかくなのでラーメンも食べたいし・・・。え~~~い、こうなったら両方頼んでしまえ!!と、自暴自棄になってしまいそうです。

ここは、「半チャーハン」といふ選択肢を設けていただけると救われませう。主よ、迷へる子羊、いえ、小豚を救ひ給へ。・・・あ? ええ、大豚でした。主よ、大豚を救ひ給へ。願ひを叶へ給へ。

ラーメン。アーメン。

新潟第六のラーメンこと上越妙高豚骨醤油、基本的に好みのラーメンです。オーモリ新井店の近くの「松茶屋らーめん亭」も人気ですね。そちらの記事も近いうちに登場すると思います。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:妙高市柳井田町2-12-20
公式サイト:オーモリ本店

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 6番目に加えていただきましてありがとうございます
    県知事にして5大(最近五代様はやりだけど,でもおいらは五代雄介だな)ラーメン以上行ってくれないので哀しい思いをしていました。

    ちなみに,松茶屋まで妙高市(旧新井)隣のホテルpiaから上越市です。

    1. 上越市と妙高市の境目がわかって驚きです。(^^) 上越のラーメンはいつも刺激的ですが、上越妙高豚骨と、とん汁ラーメンと、ミサの味噌は新潟六大、七大、八大に入っても良いのではないかと思います、個人的に。南北に長い新潟の個性的なラーメンはなかなかカテゴライズするのは難しいですね。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。