五泉市 北京食堂 カツ丼 / My favorite win bowl … new No.1!

申し上げます! 惜しくも閉店してしまった分水の都食堂なき後の “My favorite win bowl No.1” 、訳しますと、「おらがいっち好ぐな新っだらしいカツ丼」は、五泉市の北京食堂本店でファイナルアンサー、です!

北京食堂本店の外観

都食堂の復活を諦めたから、という訳ではないですし、個人的No.2のカツ丼は旧・下田村の「大三」とお伝えしていたので、大三を繰り上げてもよいのですが、忘れていました、あの五泉の名店のカツ丼を・・・。

暫定ながら、今回、改めてこちらのカツ丼を個人的一位としたい、と思います。

「そんなん知らんがな~!」というご意見をお持ちの方もおいででしょうが、あくまでも「マイナンバーワン」ですので、「♪マ~~~~~イウェ~~~~~イ」ですので、あしからず。

北京食堂のカツ丼(スープ、漬物付き)

スープと漬物付き。スープからはラーメンの面影を感じられ、ナスの漬物には哀愁が漂っています。

北京食堂のカツ丼の良いところは、まず「肉」。

臭みはないけど無機質な肉が多い中、きちんと肉の味がするお肉。それが、丼を覆い尽くすわけですよ。でも少しだけ覗く白米のチラリズム!も忘れてはいない。

次に、「溶き卵の半熟具合」が完璧な点!

カツ丼のどんぶりにズームイン

このシズル感。た、た、たまんねぇーーーーーーーーー♪

昨今、黄身重視の傾向が強いカツ丼界において、この見事な白身の海。白海・バルト海運河か、さらばシベリア鉄道か、なのです! 自分で書いててよくわかりませんが、北の大陸の雄大さを感じていただきたい。

さらに、大盛りにした時の「むっつら感」も素敵! むっつりスケベは遠慮したいですが、むっつらカツ丼(新潟県民以外には通じない形容)とはぜひお友達になりたい。

そして、なによりも「汁少なめ」なのが個人的に超好み! (^^ゞ

ちなみに、店名の表記は「本店」が付いたり付かなかったりしますが、それは、以前、新潟市秋葉区に「北京食堂支店」があったからで(現在は閉店)、支店はこちらの店主の弟さんがやっていらしたのだそうです。

ごちそうさまでした。。。。。(丸5つ!)

お店の住所:五泉市吉沢1-6-23

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 北の大陸の雄大、感じました。男前なカツ丼ですね、実に良い。
    ユキヒさんもご指摘の通りに、卵の混ぜ加減が絶妙です。白と黄色が両立している所が。
    シベ超のマイク・ミズノ(水野晴郎)いや、それ以上です。むしろ“マレーの虎”日本陸軍大将・山下奉文を髣髴させます。

    1. 「いやぁー、映画ってほんとにいいものですね♪」・・・水野晴郎さん懐かしいです。(^^ゞ

    1. 五泉市はなかなか個性的なお店が多いように思います。北京食堂のカツ丼、かなりお薦めです♪ 入るのに勇気いりますが・・・。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。