阿賀町 軍鶏ラーメン 一心亭 醤油ラーメン&塩ラーメン / 阿賀野市でなく阿賀町で、旧・味方村を思ふ。

昨年、阿賀町(旧・津川町)にて、泊まりがけでライブに参加させていただきました。新潟県民でも間違いやすいのですが、阿賀野市でなく阿賀町のほう。

「御神楽リゾート」七福温泉七福荘での、星を観ながら音楽を楽しもう的なイベントで、その道中に立ち寄ったのが「軍鶏ラーメン 一心亭」。

看板にもありますが、「軍鶏」はシャモと読みます。

一心亭の外観

一心亭と書いてアサヒビールと読むのかぁ~♪(嘘) ルビじゃなくビールですね (^^ゞ

ノープランかつノー前情報、という状態でしたが、これがなかなかのグッドチョイス! おいらのラーメン勘ピューターがまた炸裂!でした。

醤油味・塩味ともにオススメのようでしたが、スープに自信がある故か、店内には若干ながら塩推しの空気を感じました。

私が頼んだのは「醤油ラーメン」。

一心亭の醤油ラーメン

醤油ラーメン。出汁はシャモ、スープをすくうのはシャモジ。いや、レンゲ。

透明な鶏出汁スープ。ファーストインプレッションは、旧・味方村にあった伝説のお店「味の大昌」のラーメンに似ている・・・!でした。

この時は確か?うちのバンマスからおごっていただいたんだと思います。「おごりのラーメンほど美味しいものはない!」というのが持論なのですが、それを引いてもかなり好きなお味。

同伴者は「塩ラーメン」を頼まれました。

一心亭の塩ラーメン

塩ラーメン。軍鶏出汁をダイレクトに楽しみたいならこちらカモ? いや、カモでなくシャモ。

「軍鶏」って書かれてると、軍鶏の味を知らなくても、普通の「鶏」よりなんだか美味しそうに感じますよね。

近年のラーメンは、「情報を食べている」なんて言われます。「ドコドコの希少なナニナニの素材をふんだんに使用!」なんて書いてあると、すぐに「あ、美味しい!」ってことになるようです。

私もそんな情報やウンチクを得意気に語りたい者のひとりなのですが、実際にどうかは全くわかりません。味覚だけで材料を完璧に判別できる人なんて、それこそ希少だと思います。

使ってるといってもどのくらいの量なのかまでは書いてないわけで、例えば「あごだし」だったら、まるごと1本のトビ節でも半分のトビ節でも、使ってることには違いない。それを言い出したらキリがないのですが・・・

やはり、自分が美味しいと思えればそれでいいし、そうでなければ、いえ、そうでなくても、他の人が美味しいと思えたら、それはそれで良いのではないか、と思います。

県央住まいの身としては場所的にそうそう行く機会はなさそうですが、また近くに行ったら再訪してみたいお店でした。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:東蒲原郡阿賀町津川685-1

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 昔から気になってました♪

    いさげですね!

    今度機会があったら行ってみます♪

  2. 大昌さんも軍鶏ラーメンだったですよね~^^

    私も何気にあそこのお店って比較的近いので通ってた記憶がありますw

    懐かしいっすなぁ^^

    1. 味の大昌。 味方にあった時は良かったのに、欲を出して白根の国道8号線沿いに出てしまって失敗しましたね。あの当時は凄く残念でした。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL