三条市 日の出製麺 保内工場 淡麗鶏そば / 興野は本店でなく、興野工場とネーミング改。

日の出製麺・保内工場ができたので行ってきた、の巻です。

日の出製麺保内工場の外観

よく見ると、下屋の上に「笹舟」の文字の跡が・・・

興野のお店は「本店」となるのかと思いきや、「興野工場」となりました。興野工場の過去記事はこちら→濃厚煮干しつけめんの巻・その1その2その3

「製麺」と名乗っているからなのか、「◯◯工場」の名前で店舗を増やしていくようですね。洒落が効いてて面白いと思います。

その保内工場ですが、以前「笹舟 保内店」だった建物をリニューアルしたお店。笹舟大好きの身としては、正直、複雑な気持ちなのですが、笹舟保内店の店主は国道8号沿いの「笹舟 栄店」に移って頑張っておられますので、差し引きゼロで良しとしましょう (^^ゞ

今回頼んだのは、お店のオススメと書かれた「淡麗鶏そば」です。「日の出製麺はつけ麺一択!」と言ってたくせに、心変わり。

興野工場と同様、保内工場でも「大盛り10円増し・特盛り20円増し」だったので、そりゃーもー「特盛り」しかありませんよね? よね? よね?(同意を得るために三回繰り返してみましたw)

日の出製麺保内工場の淡麗鶏そば

自分で特盛りを頼んでおいて何ですが、第一印象は、「あら?! 麺が大杉漣!」

言い換えると、麺が大杉内。麺がおーすぎとピーコ。(言い換える意味あるんかい?)

盛りすぎました (*^^*)

「大盛り特盛りにすると、一杯のラーメンとしてのバランスが崩れるからアカンのや!」

良く言われるところです。その通り、なのですが、まったくもってごもっとも、なのですが、頭では分かっていてもお腹が勝手に・・・。俺のお腹のバカ、もう知らない!(←日高のり子の声でお読みください)

気を取り直して、いただきましょう。

なるほど、現代的な鶏スープです。ちょっと前にブームになった鶏出汁ラーメンのスタイルを万遍なく踏襲した、という感じのアプローチ。ただ、「お上手ですね」って感じで、優等生ではありますが没個性な印象。麺の良さがあまり生かされていないように感じたのが残念でした。

日の出製麺は、やはり、つけ麺かなぁ~、私は。

ちなみに、お店の造りは上越市の大人気店「あごすけ」ふう。行列、大丈夫です!って感じの仕様に意欲を感じつつ・・・

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市上保内乙289(日の出製麺 保内工場)

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. お疲れ様です♪(///ω///)♪
    2×4で手作り感満載の外観ですね~♪

    ホームセンター(某634)に勤務した事があり、毎日遊びに行ってる位、楽しく勤めてました♪(笑)

    物造りって、凝ったらキリがない。楽しいですよね♪( 〃▽〃)

    1. 職業柄(建築)よく利用しますが、ホームセンターで見て回るのは私も好きです。楽しいですよね。

  2. 色々な工具や見た事の無い部品なんてあって、ワクワクドキドキ(笑)。

    KOMERIは一般家庭、ムサシはプロ用のイメージがあります。

    夢は世田谷ベース宜しく、自分だけの秘密基地造り&好きな音楽かけて酒呑みながら、車&バイク&ギター弄りたいです。

    (飯ネタブログなのに、脱線しまくり→弟は電車造りしてると言う落ちでご勘弁願います☆)

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL