三条市 丸竹食堂 焼肉定食&もりそば(大) / ♪夢が MORI MORI な、もりそば!

三条市興野の「丸竹食堂」です。

丸竹食堂の外観

盛りの良さで定評があり、最近はなんとなくそっち系のお店としても認知されつつありますが、「デカ盛り」とは違い、ちゃんと食べきれる程度の大盛り具合で、より実戦的と思います。

雑誌「新潟WEEK!」さんのご依頼で「ガテン飯」ってのを3店舗推薦する機会があったのですが、その際にこちらの「焼肉定食」を推させてもらいました。

丸竹食堂の焼肉定食(焼肉、ライス、スープ、漬物、天ぷら、冷奴)

焼肉定食なのに、なぜか?天ぷらまで(笑)! ライスは大盛りです。

焼肉定食、肉の皿アップ(野菜添え)

芸術的な肉!肉!肉!

丼からはみ出してあふれてる「麻婆丼」も、他の雑誌に取り上げられて有名になりました。また、一部のマニアからは「ここの『北京みそラーメン』が最高!!」と言われております。それぞれがそれぞれの「丸竹食堂」を語り合いたくなるお店と思います。

そんな中、「え? 丸竹の蕎麦、食ったことないの? うちは毎年の年越し蕎麦らよ!」という地元の熱い情報をいただき、さっそく訪問しました。

「もりそば700円+大盛り100円」です。

丸竹食堂のもりそば(大)

えええー! この薄緑がかった色の蕎麦は!? 三条の名店、丸市屋にそっくりやないかーい!」なのでした。

丸竹、丸市・・・。丸と丸、ということは、やはりどこかに接点があったのかもなぁ~、と考えてしまうくらい、似ているルックス。

そして、この盛り具合!

もりそば(大)のアップ

これくらい盛ってもらってこそ、これでこそ「もりそば」でしょう!(もりそばの「もり」は大盛りの盛りではないと思うけど) 良い! 良いです!

丸市屋もそうなのですが、(良い意味で)ゴムみたいな喉越し。いえ、抜群の喉越し。けっこう伸び気味?なくらいに茹でる感じも特徴的。

色は薄く緑がかってますが、茶そばでもないような・・・。藪でも更科でもなく、他にあまりないスタイルのように思えるのですが、日本そばは範疇外なので、詳しくはわかりません。

でも、丸市屋さんは、それこそ我が家の年越し蕎麦だった時代もあったくらいで、子供の頃から慣れ親しんでいるスタイルの蕎麦なので、・・・懐かし美味い! のです。

丸竹食堂の蕎麦も、一気にお気に入りになりました。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市興野1丁目6−6

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 丸竹さんって、丸市屋さんから暖簾分けした、
    って以前聞いたことがありますよ。
    それで「丸」を一文字貰った、とかいう話だったような。

    こちらの店主さんもいつ行ってもニコニコしていて、顔も覚えてくれて
    気持ちの良い店主さんですよね~

    焼肉定食は個人的に腹を空かしていかないと完食キツイ位にボリュームありました。
    食べている最中に、揚げたてのかき揚げを菜箸で「チョイ」と小皿に
    乗せてくれるんですよね。これがアッツアツでまた美味しいの!

    ああ、もうダメ、久しぶりに行って来ます!(笑)

    1. 雑誌のWEEK!に載ってた「麻婆丼」とか、結構すごいことになってましたが、近年「大盛りの店」路線のようです。
      僕は嬉しいですが、昔からの馴染みのお客さんは抵抗感あるようです。(*^^*)

    2. あ!大事なことを見落としておりました。 丸竹さんと丸市屋さんの繋がり・・・やはり、そうでしたか? 私もどこかでそんな事を聞いたような気がしたような気がしたのですが・・・蕎麦はまちがいなく似ていました。(^^)

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL