三条市 麺屋しゃがら 三条店 つけ麺(特盛り) / その頃の僕等は、それが世界の真実だと信じていた。

しゃがら三条店、6回目の登場です。前回の記事はコチラ。それ以前の記事はタグの店名リンクからご覧ください。

行ってますなー。スゲー、常連さんだわ。しかも、ほぼ「特盛り」の皆勤賞です。もし肩書きを貰えるなら、なんだろう? 「特盛り大使」とか「特盛り王子」とか?

このまましゃがら通いが続くと、ブログの名前も「特盛りユキヒロック」に変えないといけないかもです。

しゃがら三条店のつけ麺(特盛り)

以前は否定していたつけ麺を、今では全く偏見なくいただけるようになりましたが、それは、こちらの「麺の特盛り20円増し」のお陰、と思います。

つけ汁のアップ(具入りタイプ)

ただ、他所のお店でも食べるようになって、つけ麺の弱点と申しますか、大きな問題点に気がつきました。

それは、ズバリ! 「食べ進むとつけ汁が冷たくなる!」「つけ汁の脂が固まって美味しくなくなる!」こと。

つけ麺は、「冷水で麺をしめる」ことでコシがアップして、美味しくいただけるわけです。最初は美味しいのですが、つけ汁の温度は冷たい麺をくぐらすたびにどんどん下がっていきます。

これの対策は色々で、

  • 「冷めたら言ってね! 温めなおすよ!」というお店
  • アッツアツの石焼鍋を使う
  • ポットに熱いつけ汁を入れてセルフで継ぎ足しできるお店
  • つけ汁の丼の底に焼いた石を入れておく
  • 旅館の夕食の一人用鍋のような固形燃料を使う

などなど。お店ごとに工夫されているようです。

冬場なら「あつもり」にするのが良いのかもですが、冷水でしめた麺の美味さはつけ麺の一番の魅力。それを手放してしまうのも残念無念じゃないですか?

一長一短と申しますか、何かを得ようとするならそれと同等の代償を必要とする、ってことなのでしょうか?

基本は「等価交換」なのかな。「鋼の麺金術師」ですね。ハガレンならぬハガメン?

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市興野2-16-18

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。