長岡市 青島食堂 曲新町店 青島ラーメン大 / 元祖・長岡生姜醤油ラーメン。いざ!本丸へ。

新潟五大ラーメンのひとつ・長岡生姜醤油ラーメンの元祖、青島食堂。

本店にあたる(と思います)宮内駅前店の次にできたのがここ、曲新町店(と思います)。

青島食堂曲新町店の外観

曲新町店は、広くて大人数・ファミリー向け。お店の雰囲気としては、宮内駅前店が一番「らしさ」があるというか、情緒があります。

道路を挟んで向かいには、青島食堂宮内店があります(笑)。宮内店は製麺工場になってるのかな? 本部ってことでもあるようです。

新潟市内にも数店あり、なんと!? 東京の秋葉原にも出店しています(驚)。やはり、「長岡市はもちろん新潟県を代表するラーメン店である!」と言っても過言ではない、のかな? あるのかな?  どっち? ・・・うむ、過言ではない! (^^ゞ

新潟県外にもコアなファンは多く、葉加瀬太郎さんがラジオ番組で「新潟に行ったら必ず青島食堂に立ち寄る!」と話していたのを聞いたことがあります。また、関東出身の知人は、「荻窪で食べた、昔ながらの東京醤油ラーメンの雰囲気があるね!」という評でした。

さて、いただいたのは「青島ラーメン大盛」、すなわちノーマルラーメンの大盛りです。

青島食堂曲新町店の青島ラーメン大盛

生姜が効いた醤油スープは、食べ進むうちに汗が出てきます。生姜の発汗作用って凄い!!

麺は、中細のやや縮れ。デフォだとかなり柔らかめですので、「硬め!」コールも有り、です。

具は、メンマ、海苔、ナルト、ホウレン草。特にホウレン草が重要アイテムで、増しトッピングされる方も多いです。生姜と相性が良いのかもです。

昔は、普通の「青島ラーメン」でもチャーシューがたっぷりで、顎が痛くなるほどだったのですが、今は、「青島チャーシュー(チャーシューメン)」でも昔のノーマル青島より肉量が少ないような気がします。

たっぷりのチャーシューを噛み締めながら食べるのが正しい食べ方と思いますので、チャーシューメンを選ぶのがオススメです! とか言いつつ、自分は好み的コスパ的にチャーシューメンを頼まないのですが・・・。

個人的には、子供の頃、若い頃、スキーの帰りに皆で並んで食べてた、という思い出があります。真冬の雪国新潟でも、汗が出るくらい身体があったまりますので、汗かきの方はタオルorハンカチ持参を推奨します \(^o^)/

なんだかんだ言っても(え?誰が言ってんの?)、さすがの一杯! 

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:長岡市曲新町3-12-22

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。