富山県魚津市 はじめ家 ラーメン / 横浜家系の祖・吉村家直系四天王の一角、別名「北陸の虎」。

富山の魚津へ海釣り遠征へ出かけた、2015年の秋。釣りのほうはボウズだったのですが、唯一の収穫は、この「はじめ家」で食べれたこと。

横浜家系の祖・吉村家の直系店の中でも、「四天王」と言われるお店のひとつ。しかも、「北陸の虎」という別名もあります。

虎っすよ、虎! ガオ~っすよ、ガオ~! 俺も、なんかそういう別名が欲しいなぁ~。

・・・え? 「新潟の豚」かい?

やっぱりそれしかないかい? 他にないのかい? ないのかよ~!(T^T)

さて、いつも物凄い行列なので敬遠していたわけですが、この時は開店(午前11時)の15分前に到着。なんとか並ぶことができました。

が、すでにこの状態です。

はじめ家の入り口に並ぶお客さん

看板には赤地に白抜き文字で「家系総本山」「吉村家四天王」とあります。なんかカッコいい!

食券機で食券を買って(食券機で他になにをしようというのか?)、仕切り役のおばちゃまに渡しますと、座る席を指定されますので、素直に従います。

厨房をコの字に取り囲むカウンターに、お客さんが次々と順番に詰めて行きます。厨房は、オープンキッチンというか、セミオープン? ガラスに囲まれています。

中には、揃いの真紅のTシャツに、白いズボンと白いハチマキの店員さんたち。気合いの入った接客で、緊張感がみなぎってます。

はじめ家の厨房とカウンター席

カウンターの上には、「ラーメン酢」や「刻み生姜」など、横浜家系の定番調味料が。

「なるほど、ここが四天王かぁ~。北陸の虎かぁ~」

怖いくらいの雰囲気に圧倒されつつ、ラーメンが出てくるのを待ちます。期待が高まらないわけがない、のであります。

そして・・・、ジャジャジャーン♪

はじめ家の大盛ラーメン

大盛りにしたら、麺のこんもり具合がムー大陸。

もうね、見ただけで伝わると思います。只者ではない、この力強いビジュアル。荘厳かつ高らかに放たれるオーラ!(いや、それって湯気じゃね?)

ただ、新潟県人による地元贔屓バリバリと言われても仕方がありませんが、個人的には上越市の吉村家直系店である「上越家」のほうが美味しいと思います。なんというか、はじめ家は上越家より全体的に豪快。その分、大味な印象もあるので、その辺は好みの問題と思います。

富山まで行ったのに魚は全く釣れず、代わりに自分自身がラーメンに釣られたという、ファンタジー溢れる寓話でしたとさ。めでたし、めでたし。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:富山県魚津市吉島67-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL