新潟市秋葉区 食事処 小箱 とんかつ定食 / Meatで、ひとりMeeting。

新津のがっつり肉料理店、JR荻川駅のほうにある「食事処 小箱」。

食事処・小箱の外観

新津の肉料理店となると、JR新津駅のほうにある「箱岩」を思い浮かべる方も多いと思いますが、この2店は師弟関係で、小箱のマスターは箱岩で修行されたと聞いています。

箱つながりで、弟子筋の店名は控えめに「小箱」。ちょっとグッときます。大の字がついちゃうと、それだけで傲慢な印象ですが、小の字付きだとおしとやかというか、品がよくなる感じです。

外観は地味ですが、店内はちょっと洋風で、バー的なカウンターなんかもあって、広めの喫茶店とか、レストハウス風。

各種の定食や、チャーハンなどをラーメンと組み合わせたセットものが人気のようですが、やはり今日の気分は肉。お肉。ミート。

ミートでミーティング in 小箱。おひとり様だけど・・・。てか、MeatとMeetでミート違いですけど。

ということで、とんかつ定食。

小箱のとんかつ定食(とんかつ、ご飯、味噌汁、漬物、小鉢)

おおお! これはなかなかのトンカツ!!

とんかつの皿アップ

ただものではないオーラを発しております。味もちゃんとしたお肉の味がします。

「?! じゃ~、ちゃんとしてないお肉って何?」

それは、成型肉や加工肉です。

くず肉(と言っては語弊がありますが、要はいろんな部位の切れ端)や内蔵肉などを、軟化剤で柔らかくして、結着剤で固めて、形状を整えた食肉です。

「インジェクション加工肉」ってのもそのひとつです。注射針みたいな機械で大量の牛脂を赤身に注入すると、固い赤身がジューシーで柔らかい霜降りに大変身! Xライダー!

いえ、ごまかしでなく、加工肉として正当に販売されてるのであれば、別に悪くはありません。「安くて、柔らかくて、うまい!」という、ありがたいことづくめです。

でも、「非加工の肉をリーズナブルに食べられるお店は、もっとありがたいなぁ~」と思うのです。筋切りとか、揚げ方とか、調理人の技術や仕事の手間を感じることができれば、さらに「拍手!」です。

とか書きましたが、実は「え?!うちは成型肉だけど何か問題でも?」だったらどうしましょう。まー、分からないようにするのも技術のうちか・・・。

いえいえ、小箱で使っているお肉は、成型肉ではないと思います!

お値段は、800円+ご飯大盛り100円=900円でした。とんかつ定食で千円を切るのって、嬉しいですね。

小鉢のもつ煮も美味しかったです。やはり肉系が強いお店なんだと思います。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:新潟市秋葉区中野3-20-38

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。