長岡市 豊(ゆたか) 塩拉麺 / どすこい!業師の繊細な塩ラーメンでごわす。

まずはお知らせです。すでにお気づきの方もおられると思いますが、「お店の住所」を検索できるようになりました。クリックするとGoogleマップが開きます。良かったらぜひご利用くださいませませ \(^o^)/

さて本題。宮内の豊(ゆたか)です。

豊(ゆたか)の外観

店内には、お相撲さん関連グッズがオスプレイ、いや、ディスプレイされております。それもそのはず、こちらの店主は元・十両「豊富士」なのです。

ラーメンは、豪快で大味なちゃんこ的なやつかと思いきや、かなり繊細なお味。塩、白醤油、醤油、味噌、味噌辛の5種類で、それぞれ土俵入り、いや、背脂入りと背脂なしを選べます。

背脂入りのほうは、麺が太麺になるという凝りよう(といっても、中太麺くらいの太さらしいです。いつも背脂なしのほうをいただくので確認できてません)。

メニューの筆頭にきていることからして、推し麺は塩と察します。

個人的にも「豊は塩の細麺のお店」という認識ですので、「塩拉麺」をオーダー。

豊の塩拉麺

脂身の多い大きなチャーシューから、力士らしい力強さを感じます。焦がしネギと、アオサかな? それがアクセントになって、独特の和風な存在感を出してます。

全体に、力相撲・押し相撲でなく、技能派・四つ相撲の業師(わざし)、という感じの取口。いえ、ラーメンと思います。水入り、じゃなくて、背脂入りにすると、また変わってくるのかも知れませんが。

ちなみに、業師といえば、今一番の注目株、関西学院大学時代から「アクロバット相撲」で有名だった、宇良(うら)

昨年プロ入りしましたが、早速幕下を沸かしてましたね。十両昇進おめでとうございます!

得意技は、居反り(いぞり)。大相撲で決まれば20年ぶりとか50年ぶりとか言われる、幻の大技。「観てみたい!」と思わせる、久しぶりの日本人力士です。

なお、宇良関の現在の体重は、わたくしとドッコイドッコイです(笑)。♪どすこ~い、どすこい!

豊に戻って、お支払いを済ませますと、アイスキャンディーを1本貰えます。

サービスでもらえる豊のアイス

なんか、急に気持ちが幼少の頃に戻って・・・、妙に嬉しい。

生姜醤油ラーメン文化圏の長岡において、稀有な存在のお店と思います。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:長岡市笹崎1-8-22

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。