長岡市 尾道らーめん 七鐘屋 塩らーめん / ラーメンを食べて、尾道三部作を懐かしむ。

「七鐘屋」と書いて「ななや」と読みます。

尾道らーめん七鐘屋の外観

ロクたすイチは、ナナや!

長岡市の蓮潟に移転してからかなり経つと思いますが、久しぶりにうかがいました。

その前に、「尾道ラーメン」とは?

Wikipediaによりますと、「広島県尾道市を中心とした広島県備後地方のご当地ラーメン」で、下記のような特徴があるということです。

  • 瀬戸内海の小魚によるだし(いりこだし)を加えた濁らせない鶏がらスープ
  • タレはシンプルな醤油味ベース
  • 歯ごたえのある独特の食感の平打ち麺(非常に伸びやすい)
  • 薬味は青ネギ、具材としてチャーシュー、メンマを使用
  • 比較的大き目の豚の背脂ミンチをスープに浮かべる

で、こちらが七鐘屋の「尾道らーめん(コクうま)」。家族の者がいただきました。

七鐘屋の尾道らーめん(コクうま)

尾道らーめんの図

私は、限定メニューだったか企画メニューだったかで「塩らーめん」ってのがあったので、そちらをいただくことにしました。

七鐘屋の塩らーめん

塩らーめんの図

こちらは梅干しが乗ってます。塩に梅・・・。これぞまさしく「良い塩梅」、ってやつですね。(上手いこと言えたと思ってるなよ!w)

でも、この麺は、丸い細麺じゃないかと思うのです・・・。広島ではこれを平打ち麺と呼ぶのかな?  (^^ゞ

まあ、Wikipediaにも「店ごとの独創性があり厳密な定義は難しい」とあったので、この麺が七鐘屋の独創なのかもしれません。

そして、尾道といえば大林宣彦監督の尾道三部作、「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」。

全部地元の映画館で観たような記憶があるのですが、さびしんぼうの内容が全然思い出せなかったので、近年DVDを借りて観なおしたり。

いずれもなかなかに実験的で不思議な映画ばかりですが、今見ても十分面白いと思います。特撮な部分は、そりゃー今のSFXに比べられたら難はありますが、ハナからハリウッド的なのは目指してないと言いますか、8ミリフィルムを効果的に使っていたりして、逆に新鮮。

七鐘屋さんにも、大林監督が長岡花火の映画「この空の花」の撮影時に訪れたことなどが貼ってありました。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市蓮潟1-14-18

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

    1. 今はレイトショーどまり、昔は結構オールナイトがあったような気がします。二本立ても無くなってしまいましたね。懐かしくもあり、寂しくもありです♪

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。