加茂市 成龍 中華そば(大盛り大油) / 悪魔が来たりてヘヴィ・・・メタル丼。

加茂市で本格的な燕背脂ラーメンを食べたいなら、こ・ち・ら。「成龍」です。

成龍の外観

大盛り研究所の「燕背脂ラーメンの巻」にも書きましたが、杭州飯店で修行され、独立されたとのことです。燕背脂ファミリーツリーにも情報を追加したりしておりますので、よかったらご覧ください。

「すでに本家を超えた!」との声も耳にしますが、味はともかく、杭州飯店のあの強気価格を超えるのはなかなか難しいでしょう。

本家は、中華そばが800円、大盛りそばが900円。それに対して成龍は、中華そばが750円、大盛りは50円増しなので750+50=800円、となります。

というわけで「中華そば」の大盛り。大油です(メニューでは「油入れ」となっています)。

成龍の中華そば(大盛り・大油)

大盛りにしてこそわかる親心?(図らずも五・七・五に) 指圧の心は母心!

極太平麺のビロビロン感は、本家と見まごうばかり。メンマの再現性も凄い・・・。もしや同じ?!だったりするのでしょうか?

成龍は、前回記事にした「ネギ中華」が有名です。細切りのチャーシューと長ネギがタップリとのったインパクトあるビジュアルですが、そちらは900円。

個人的には、「だったら中華そばに50円プラスで玉ネギ増しするのがよいと思います!」です。燕背脂にはやっぱ長ネギより玉ネギが合う、と思います。

銀色に輝く器も特徴的です。背脂中華の発祥の地、洋食器の町・燕市を連想させる(のが目的じゃないと思いますが)、ステンレス製のドンブリ・・・。

その名も「メタル丼」。悪魔が来たりてヘヴィメタる丼。低気圧。いや、聖飢魔II。

魔法瓶のような中空二重構造なので、外は持っても熱くなく、中は冷めにくいのです。らーめん潤の総本山「酒麺亭 潤」でも同じようなドンブリを使っています。

もともと冷めにくい背脂が、パワーメタルで、いえ、メタル丼パワーでさらに冷めにくくなってるので、アツアツが長持ち。どんだけ熱く保ちたいんだ!ってくらいの、「熱き情熱」を感じます。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:加茂市柳町2-4-20

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. デーモン閣下に言わせれば、“お前も背油にしてやろうかぁ~♪”となる訳ですが、、、。
    Щ( ̄Д ̄)Щ
    ☆☆メタルどんぶり欲しいッス♪(///ω///)♪☆☆

    1. 蝋でなく、背脂で固められる訳ですね。ブファハハハ~♪ 背脂人形は、蝋人形より怖そうです。(^^ゞ

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。