燕市 中華SOBA 鬼にぼ 鬼にぼ中華 / 「桃太郎、鬼にぼで鬼に遭う・・・」の巻。

前回の記事ではまだプレオープン中だった、燕の「鬼にぼ」。

中華SOBA鬼にぼの外観

ようやくグランドオープンとなり(2015年の12月初旬にうかがいました)、今回は満を持しての「鬼にぼ中華そば」狙いです。30食限定とのことで、午前中のうちにイン。

ですが、さっそく入口のところの食券機が詰まってしまってワンワンワワン♪ しばらく困っていたら、厨房からハットがトレードマークのなおじ店主が出てこられ、颯爽となおじて、いえ、直してくれました。

先回は、自分の体重も顧みず、背の高~いお洒落カウンター席の、足の届かない椅子に座ってしまってヒヤヒヤドキドキしましたので、今回は低い椅子のテーブル席へ。

しばらくすると、ジャジャ~ン! 待望の鬼! 鬼にぼ中華が登場です!

限定の「鬼にぼ中華」

鬼にぼ中華。780円+大盛り100円、だったと思います。

「お!わ!煮干し!」

口の中で煮干しが泳ぎだす、とまで言っちゃうと語弊がありますが、確かに「鬼のような煮干し」です。

手仕事らぁめん八・吉田店の「濃厚煮干し中華」と比較してみると、こちらは確実に鬼の冠が相応しい。それくらいの「煮干し、バーン!!」ですが、でも、劇画タッチの恐ろしい鬼でなく、少し柔らかい、優しさのある鬼でした。

鶏白湯ですかね? それとも豚骨と鶏骨でしょうか? 動物系の、まさしく「屋台骨」の出汁の中を、煮干しがそよそよと泳いでる感じ。

逆に、前回いただいたデフォの中華そばのほうが、背脂は浮いても動物系が強くなくて、煮干しが全面に出てるように感じる、という・・・。錯覚、トリックアート的な部分。

いずれにせよ、そこはさすが「なおじ」。インパクトありつつも、旨さを壊さない程度の煮干し加減で、上手にまとめた一杯。しかも、濃厚煮干し系というトレンディー。トレンディエンジェル。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市井土巻2-18

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

    1. あ、以前 うちにも新聞の折込チラシが入ったことがありました。見逃してしまったかもです。(^^ゞ

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。