見附市 幸楽苑 見附店 「司」ラーメン / 救世主(メシア)は一体どこにおられるの? ・・・めし屋!

昭和二十九年創業の看板でおなじみの、幸楽苑。

幸楽苑見附店の外観

見附店は、見附ショッピングセンター(スーパーウオロク)の敷地内にあります。

290円(税別、以下も同じ)の「中華そば」が販売終了となり、最安メニューが390円の「あっさり中華そば」に。

そして、客単価アップを狙ったプレミアム志向に転じたいのか、520円の「『司』ラーメン」というメニューを鳴り物入りで投入されましたね。

果たして、「司」は幸楽苑の救世主・メシアとなりうるのか?!

百聞は一見に、いえ、一食に如かず・・・。試してみませう。

幸楽苑見附店の司ラーメン

幸楽苑の中華そばは、豚骨+鶏ガラ+魚介のトリプルスープに野菜の甘みをプラス、そこに看板でおなじみ・中太の多加水熟成麺、が基本スタイルだったと思います。

しかも、それがたったの290円だなんて!? やだ~、信じられな~い~♪ ってのが売りだったと思うのですが・・・。

「司」ラーメンは、なんと!

かなりの油の層が広がるスープになって、麺は低加水なストレート細麺に、しかも、価格は8割増し! という、大胆不敵な変貌を遂げております。

正直な感想を書くと、「でも、これは進化と呼べるのか・・・? むしろ後退してるのではないか」と思いました。より強力な科学的旨味で無理矢理に濃くしてる印象。

チャーシューたっぷりなので、チャーシューメンだと思えば気にならない、のかなぁ~? だいたい「司」って何? 何なの司って? 誰かの名前?

炒飯も一緒に食べました。「絶品半チャーハン」。

幸楽苑見附店の絶品半チャーハン

幸楽苑の「半ちゃん」こと半炒飯は、自分の中ではイケてる、と思っていたのですが、販売をやめていた時期があったみたいで、それが今回「絶品」という冠までついて復活。

救い主のごとく(?)復活した、のですが・・・。

「・・・何か記憶違いだったのかなぁ~?」って感じに。お値段(310円)とかを考えると、なおのこと「・・・」です。

厳し目になってしまいましたが、とはいえ、チェーン店である以上そんなに美味しすぎても困る、と思うのもまた確か。

語弊があるかもしれませんが、チェーン店のラーメンはジャンクフードで良い、と自分は思っているので、「早い! 安い! そこそこ美味い!」「清潔! 入りやすい! 深夜まで営業!」で、十分満足です。多くを望んではいけないのだと思います。

ライバルの日高屋は、居酒屋の要素を増やして、ちょい飲みの酒と肴で客単価アップを狙ってるように思いますが、幸楽苑の「あくまでラーメンで単価アップ」は成功してるのか?疑問です。

ごちそうさまでした。。

お店の住所:見附市市野坪町91-2

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. お疲れ様です♪(///ω///)♪
    最近の幸楽苑はマック宜しく路頭に迷ってる感が、、、。
    司然り、半炒飯然り。
    ネギ味噌も食しましたが、ちっとも辛く無いし、、、。(泣)。
    ジャンクフード&安価設定路線なら、もやし味噌の方が食べごたえや、お徳感(ボリューム)が増すと思います☆(ノ´∀`*)

    1. たしかに、マックの迷走に似てる気がします。 「もやし」は、安価でカサ増し、お得感アップには良いかもですね。(^^ゞ

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL