燕市 らーめん みずさわ 吉田店 / 丸美屋の「のりたま」は、旅館の朝食がヒントだった。

背脂ラーメンの国・燕市に、長岡生姜醤油ラーメンの刺客が現れてから数年が経ちますが、すっかり市民権を得た感じの「らーめんみずさわ吉田店」。

燕ホワイトが評判ですが、今回いただいたのはスタンダードな「ラーメン」。

みずさわ吉田店のラーメン

北長岡の本店より、油ギッシュで動物系強く、味がしっかりしてるように思います。“Too Young” な印象。・・・といっても否定的な意味ではありません、むしろ好きです。

みずさわ本店は、ご主人が青島食堂で修行されたとのことなので、正統派長岡生姜醤油ラーメンの味ということになると思いますが、その息子さんがやってる吉田店は、より若者向けにアレンジされた味だと感じます。

さらに、悲しみTOOヤング、いえ、よろこびTOOヤング仕様なのが、ライス一杯が無料な点。

セルフサービスですが、業務用の大きなジャーから、・・・「ジャー」でいいんだっけ? 調べてみますと、ジャーは英語の “jar”、広口の保温容器。日本中央競馬会は “JRA”。

とにかく、無料ライスはジャーから自分で盛ります。すると、どうジャーろう? ・・・「まんが日本昔ばなし盛り」になるのジャー。

再び登場、「なんちゃってまんが日本昔ばなし君」。

日本昔ばなし盛りのご飯

これはまんが日本昔ばなし盛りの概念図ですが、実際は以下のようになります。

みずさわ吉田店の無料ライス

二人で行ったので、普通の人のとそうでない人のと、比較検討してみました。どちらが誰のかはアッコにおまかせ、いえ、ご想像におまかせします。

前回の記事でも書きましたが、こちらのお店には「ふりかけ」が置いてあるのが嬉しい。メーカーは不明ですが、丸美屋ライク? 丸美屋チック?

丸美屋のふりかけといえば思い浮かぶのが、「のりたま」。のりたまという商品のヒントになったのは、旅館の朝食なのだそうです。商品開発会議での「旅館の朝ごはんには海苔と玉子が定番ですよね?」的な発言から生まれたそうな。

のりたまも確かに捨てがたいですが、でも、個人的には「味道楽」派。のりたまは昭和35年の発売で、味道楽は昭和44年発売、だそうです。味道楽のほうが10歳近く年下、ということに。

ネーミングからすると、「のりたま」は若いというか幼いイメージで、「味道楽」はご隠居さんか!?ってくらい年齢が高いイメージなのに・・・。今日から「のりたま兄さん」って呼ばないとねぇー(笑)。

話がすっかり「ふりかけ」にシフトしてしまいました。これジャー(しつこい)、ラーメンの話は「振り」だった、ということに・・・。そこはやはり、ふ・り・か・け、だけに~?

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市吉田法花堂1867-6(らーめんみずさわ吉田店)

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。