横浜市鶴見区 らー麺土俵 鶴嶺峰(かくれいほう) / 相模じゃないよ、相撲だよ。

とある2016年2月の初め。横浜の鶴見に出張でした。

え?!  何しに行ったのかって?

・・・ええ、そうです。お察しの通り、鶴を見に(笑)。カァー♪ って、それはカラスじゃん!(ハマっ子ふうツッコミ)

いえいえ、お仕事ですよ、お仕事。到着したのが偶然にもお昼ごはんの時間帯だったので、鶴見駅前でラーメンをいただいた、というだけです。たまたまですよ、漢字で書けば偶々 (^^ゞ

目的地周辺のラーメン店などは、食べログで事前に検索済み(やっぱり確信犯に決定!)。気になったのがこのお店、「らー麺土俵 鶴嶺峰」。

らー麺土俵・鶴嶺峰の外観

かくれいほう、と読みます。実はつけ麺で有名なお店のようですが、この日はラーメンのみの営業でした。

長浜風とんこつラーメンに魚介を加えた、博多と魚介のハイブリッドな一杯。

鶴嶺峰のらー麺

結論から申しますと、凄く新鮮でした。Wスープとはまた違った、博多・長浜ベースなのに魚介も効いてるラーメン。

ありそうでなかった発想? 新潟に無いだけでしょうか? なかなか美味しかったですよ。写真は超!美味しく変換し過ぎましたが、盛り付けもカッコイイです。

てか、「らー麺土俵」って何?ってところから話せば良かったかしら? こちらの店主は元力士で、現役時代の四股名を店名にした、のだそうです。

お相撲さんコンセプトのお店なので、営業中の看板が「本場所中」(最初の写真を御覧ください)、麺の量の呼び方が「十両」とか「横綱」。そして、BGMは相撲甚句。

・・・う~む、なんとなく(体重的に)親近感。♪ハァ~、どすこ~い、どすこい。

でも、お店自体は力士サイズではなく、かなり狭い。やっとのことでお店に入れましたが、出られるのか心配になったりして。

そして、卓上には謎の小鉢が(これはお相撲さんと関係なし)。

卓上の謎の小鉢

見たことのない「お通し」が入ってます。パステル調の色合いがファンシー。♪君はファンシー・モンキー・ベイベー

「さすがヨコハマ、やっぱ都会だべ~。こんなシャレオツな食いモン、見たこともねぇべなぁ・・・」

箸でつまもうとしたら、

「わ、わ、、、輪ゴムじゃん!」(ハマっ子ふうツッコミその2)

髪の長い人用に用意してある、心遣いの輪ゴムでした。短髪で薄毛の人(もちろん自分も含む)には、無用の長物。・・・斉藤さんだぞ!

距離的地理的に再訪するチャンスはないかもしれず、一期一会ならぬ一期一麺になってしまうかもと思いますが、本来の人気メニューだという「つけ麺」も、かなり美味しいのではないか、という予感です。

ごちそうさまでした。。。。ジャン!

お店の住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-25-6

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. ブログの内容と違いますが西本成寺の天狗屋今やってますか?小生3月に久々に食べたきり今店の前を通ると、お昼時でも夕方から夜にかけても曜日関係なく、定休日の看板が立っています。
    確か最初の天狗屋から代表者が一回、二回?変わったと聞きましたが如何でしょうか。
    何か知っている情報有りましたらお手数でもお聞かせ下さい。

    1. 天狗屋さんは閉店とのことです。真相は定かではありませんが、本社(運送屋さん)と協議されて閉店と言う話を聞きましたよ。(^_^;)

  2. トンコツ&魚介、、、、。

    ハイブリッド感が半端ない感じがヒシヒシと思われ、、、。

    巣鴨&相撲&木更津キャッツアイの違いがわからない48歳(泣)。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。