三条市 スーパーマルセン 荒町店 のり弁 / その時、歴史が動いた?! のり弁維新の巻!

「絶対、のり弁には醤油だ!」と言う「醤油強硬派」と、「数の論理」で反対勢力を圧倒する弁当界の王者・ほっともっとの「ソース穏健派」。両派の一騎打ちという様相を見せていた、前回の朝まで生のり弁

醤油強硬派の打ち出した「のり弁に於ける腐海構造」論、すなわち、風の谷のナウシカの腐海のように、揚げ物と海苔部で「ろ過」され、白飯部へと染み入っていく醤油にこそのり弁の浪漫がある、という主張に、ソース穏健派は随分と押し切られていました。

が、ここに来て、スーパーマルセン荒町店で、のり弁調味料の新勢力が名乗りを上げた。

その名は、西洋からの使者「タルタルソース」。黒船来航、一大事件。泰平の眠りを覚ます上喜撰、たつた四杯で夜も眠れず。

スーパーマルセンの海苔弁

なるほど! 確かに、のり弁のおかずにおいて、「白身魚のフライ」は今や押しも押されぬスーパースター。タルタルソース、アリですね。

「タルタル」というちょっとしたひと工夫で、簡単洋食エッセンス♪ ワンランク上の南仏コーデ(?)のできあがり。賢い主婦のお洒落のり弁路線。

しかし、ほっともっとののり弁に付属する調味料を、今一度よく調べてみたところ。・・・実は、「ウスターソース」っぽい、♪さ~らりとしたソース、だったのだ!

ほっともっとののり弁(大盛り)

その時、歴史が動いた!?

醤油強硬派とソース穏健派の間をぬらりくらりと行き来する、一人の浪人。

「醤油と中農ソースの間には、『ウスターソース』があるぜよ!」

その男は両派の同盟計画をぶち上げる。苦難の末、ようやく両派に和解の兆しが見えつつあった。

彼の名は、坂本 “ウスターソース” 竜馬。そう、この計画こそ、後に言う「のり弁薩長同盟」である。

強大な武力を背景としたタルタルソースから、開国を強く迫られる海苔幕府。二大派閥の同盟により「のり弁の夜明け」は近づいた。どうする勝海舟?! どうなる新撰組?!

次回、「無血開城」の章。ご期待ください!

(何故に幕末? 何故に勤皇の志士? よくわからないけどドキドキしてきた)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市荒町2丁目1-26

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。