長岡市 こまどり 味噌ら~めん / 味噌の「噌」ってロボットの顔文字みたい。

「寺泊のこまどり」です。 not 巻のこまどり。

場所は「角上んとこ」で通じるような気がしますが、いわゆる「魚のアメ横」。これは通称で、正式には「魚の市場通り」と言うらしいです。一晃亭もすぐそばです。

海風が強いからか、通り沿いの入口は「開かずの扉」になっており(昔は入れたけどねぇ~)、裏通りのほうが実際の入口になっています。

寺泊こまどりの外観(2016年3月)

こちらが表通り沿いの入り口、「開かずの扉」。

ちなみに、「上野のアメ横=アメヤ横丁」の由来は、お菓子などの食料卸店が多かったからという「飴屋横丁」説と、横流しのGHQ配給品を販売する店が多かったからという「アメ(リカ)屋横丁」説とがあるのだそうですよ。

それはさておき、「こまどり」といえばやはり味噌ラーメン。

新潟濃厚味噌ラーメンの元祖である「巻こまどり」は、時代の流れに呼応して進化や変化を遂げてきた、と思うのですが、こちら「寺泊こまどり」は、よりプリミティブ。巻濃厚味噌の原型を保ってるような気がします。

寺泊こまどりの「味噌ら~めん」

ただし、お値段が。「味噌ら~めん」、900円也・・・。しかも、大盛りは150円増し!

ここで「本家超え」「巻こま超え」する必要性はあったのでしょうか?!

自称オオモリストまたはオオモラーなわたくしですが、今回に限ってはさすがに思いとどまりました、大盛り。

でも、野菜てんこ盛りなので、大盛りにしなくてもかなりのボリューム。味も、ショッパイけど癖になる、濃厚味噌らしい濃厚味噌。テーブルのニンニクをガッチリ効かせて、ガッツリいきたい!

と、急に気がついたのですが、味噌の「噌」ってロボットの顔文字っぽくないですか? 拡大してみませう。

「・・・噌~ですね」(笑っていいとも!ふうに)

物体が人の顔に見えちゃう現象のことを「パレイドリア」って言うらしいです。

「パレイ『ドリア』って、なんか旨そう♪ うふ」

なんでも美味しそうに見えちゃう現象は「何ドリア」って言うのでしょう?

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市寺泊上田町7618-23

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. おなかが減っている時にブログを拝見して、いつも大変お世話になっております。

    以前、マストメニューの味噌ではなく、「焦がし醤油ラーメン」を食しましたが
    やっぱり味噌にしておけばよかったと後悔した思い出があります。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。