三条市 大衆焼肉 さんきらく / いつから常識?! タンは片面焼きで良かった。

特別編を含めると3回目の登場となる、さんきらく。

さんきらく七不思議の巻でも書きましたが、見附市には「大衆焼肉 きらく」というお店があります。本店にあたるのかは分からないのですが、さんきらくは「三条のきらく」の意味とのこと。

で、最近(2016年7月)、旧・栄町の国道8号沿いに、JAにいがた南蒲の農産物直売所「ただいまーと」という施設がオープンして、そこにきらくが「ただいまーと きらく」を出店されました。

これを聞いた当初は、「イートインなの?」「きらくを三条で真っ昼間から食べられるの?」と、血湧き肉踊ったのですが、焼肉店でなく精肉デリカコーナーということで、お肉やコロッケなどを販売してるようです。

ショボーン・・・。いや、いや、いや! そこは、シャキーン!! ですよ!

実は、販売されてるのは、きらく名物の「赤」「白」など、味付け済みの焼肉用お肉みたいなのですよ! それをテイクアウトできるのですから、「真っ昼間から」どころか「朝から家きらく」が可能ということに!

姉さん、事件です! 大事件ですぞ~!! 人類の想像を超えた夢、希望、そして愛(?)が実現! ♪未来は僕らの手の中~

と、見附のきらくは新分野にどんどん進出して行きますが、さんきらくは昔から変わらない。でも、それもアリと思います。

「変わらない」「変えない」ってのも、大事なことですよね。ええ、ええ・・・。よござんす、よーござんす。

この夜は、さんきらくにてバンド仲間との宴(うたげ)、春の肉まつり。白いお皿はもらえません。

最近、貝好きの仲間が「コブクロは貝みたいだ」という説を(再)発見し、それを検証してみました。コブクロがデュオでなくホルモンなのは言うまでもなし(なら書くな)。

さんきらくのコブクロとカルビ(2016年4月)

上手がコブクロ、下手がカルビ。「じょうず」「へた」ではありませんw

ほんとだ! このコリコリ感は貝みたいだ! 噛めば噛むほど味が出る感じも魚介類っぽいです。酒のツマミとして、とても良い感じ。

そして、当日のヘッドライナー、「タンジャンボ」が登場。

さんきらくのタンジャンボ

よッ、おみごと! ナイスタン!

春の肉まつりは、「タンジャンボフェスティバル2016」に発展的解消(?)しました。あ、タンジャンボは、タンのジャンボ=お得な価格の3人前メニュー、です。

そのフェスで仲間から教えてもらった、タンについての重要事項。

「タンは、片面だけ焼くのだ。それでいいのだ!」
「タンの片面焼き、常識アルヨ!」

なんと・・・。「ひっくり返して両面焼くと、せっかくのタンの脂が全部落ちちゃうから」という理由みたい。

その事実に驚愕でした。これがほんとの「舌を巻く」、で・す・か・ね? タンだけにぃ~?

美味しゅうございました、片面焼きタン。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:三条市本町1丁目8-4

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. まじっすか!まじっすか!の驚きです、栄の農協に新しげなのが出来たのは
    知っていましたが、きらくが出店していたとは!!
    良いこと知りました、さっそくハラミを買ってきます!

    1. 自宅で、気楽に「きらく」体験。 「はらみ」が置いてあるか不明ですが、ぜひ体験記のブログを楽しみに待っております。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL