燕市 龍園 チャーハン / 外壁も内装も真っ赤。若干、血圧上がりそう?!

「♪真っ赤に燃~えた~」・・・ような、真紅のタイル貼り。燕の「龍園」です。

龍園の外観(2016年4月)

店内も真っ赤。中に入っただけで、きっと、若干、血圧上がるような気がする (^^ゞ えーっと、・・・それは困るw

少し前に閉店してしまい、残念に思ってたのですが、印象的な外観の建物はそのままに、新しい方が引き継いで再オープン。料理のレシピも引き継いだ、とのこと。

言うなれば「ニュー龍園」って感じでしょうか。

「結構本格的な燕背脂ラーメンも出す!です!」と聞いていたのですが、まずは炒飯にて様子見することに。

炒飯は、料理人の技術が出る料理な気がしますし、付属のスープからラーメンの味をある程度想像できるので、ファーストコンタクトの際にオススメです。こちらの記事もご覧ください→「柏崎市 タカラ飯店 炒飯 / グリコ式・炒飯簡易判定法

で、龍園の「チャーハン」大盛り、その判定は・・・?

龍園のチャーハン(大盛り)

(白鶴)「まる~!」

派手さは全くありませんが、「ちゃんとした」チャーハン。「ちゃんハン」でした(なんだね、 ちゃんハンって?!)

スープもいただいてみましょう。

付属のスープはマグカップ

うむ、中華の基本・清湯スープじゃないみたい。洋風のコンソメスープって感じ?

グリコ式簡易判定法、・・・敗れたり!

甲子園であれば涙ながらにグラウンドの土をかき集めるところですが、ここは中華料理店。うま味調味料とかをかき集めたら良いのでしょうか?(良い訳ないでしょう←冷静)

それはともかく、チャーハンは「問題、ありません!」でした。

メニューも、お得なランチ、定食といいますかセットものが充実してて、いい感じに「普段使いしやすいお店」になってました。

「おお!」と思ったのが、入り口に貼り紙してあった「鉄鍋ホルモン焼き定食・平日ランチ価格850円」。とても良さそう、キラーン♪(目が光る音)

あと、帰り際に「お薬」をもらいました。

帰り際にもらった「龍園に来たくなる飴」

龍園に来たくなる飴

(用法)龍園の食後 1回1錠
(効能)また来てね
(注意)この袋10枚で・・

笑わせてもらいました。あ、どういうふうに笑ったかというと、「クスリ」っス(やっぱりね)。

内服薬でなく「内用飴」ですので、中には・・・

レモン味のキャンディ

フルーツキャンディ。良いアイデアと思います。袋もとっとかないとですね。

・・・あ! このお薬は、もしや?! 服用すると「赤い内装で上がった血圧を下げる」的な効果が?(逆に血糖値が上がりそうですが)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市杣木3183

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 一時期、お休みされていたみたいですが
    1~2年前に再開したみたいですね。

    昔の頃とだいぶ味が変わった気がしますが
    中華以外のメニュー充実で客層広がってる気がします。

    1. 以前より、入りやすい雰囲気と思いました。メニュー的にも頼みやすい感じ。また行きたいと思っています♪

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL