三条市 DownTime Cafe(ダウンタイムカフェ) / 隣にマイルスが居た、たしかに居たんだ。

和風カフェというか、居酒屋というか、一品料理屋というか、なかなかエキゾチックな、こだわり満載の「隠れ家」。

それがこちら、「ダウンタイムカフェ」。

新大橋たもと(嵐南側)の、とてつもなくカッコいいお店。あまり人には教えたくないのですが、知ってほしいとも思う。揺れるオジサン心。

店主は、ニューヨークに住んでいたこともあったと聞きましたが、決して飾らず、でもひとつひとつのセンスは抜群。実に渋い。

まず、ビール。置いてあるのは、「赤星」ことサッポロラガービールと、キリンのハートランドのみ。つまり、瓶ビールオンリー。いいですねぇ~、美味いですねぇ~♪

ワインも、安いのに美味いやつを厳選。この日飲んだのは、カスティッロ(カスティージョ)・サン・シモンの赤。500円以下なのに、・・・うみゃい! 超クール!

お料理はこんな感じでした。

ダウンタイムカフェの豚味噌漬け焼き(2016年4月)

豚味噌漬け焼き。・・・ご飯食べたい!(笑)

ダウンタイムカフェの厚焼き玉子

厚焼き玉子。・・・甘さがたまらん。

ダウンタイムカフェのグラタン

グラタン。たしか、パンの入ったグラタン?だったと思います。ワインがススム君。

そしてそして、こちらのお店の何が凄いって、アナログレコードのコレクションです!

3000枚収蔵。それも、単にアナログ盤というだけではなく、実はすべて「ファーストプレス」とのこと。

ファーストプレスは、本で言う初版ですよね。おそらく、軽く「家が建つ」くらいのお値段じゃないでしょうか?

どれほど高級なオーディオを揃えたところで、結局は中身。レコード自体が良くなければ意味がない!と気がついた、と言う店主。

たしかに初版のレコードは良い音に決まってるのです、原盤に近いですから。全く同じものをコピーできるデジタルメディアと違い、アナログレコードはプレスの回数を重ねるほど音が劣化します。

真空管アンプとスピーカーはハードオフで買ったジャンク品、とのことでしたが、マイルス・デイヴィスのレコード、もちろんファーストプレスのをかけてもらったら、吃驚!

「え?! ほら、すぐそこで・・・、マイルスが吹いてますよね?」

もうね、隣で吹いて貰ってる感じ。「生音」感、ハンパなし!

隣にマイルス。「ファーストプレスのド迫力」を、ぜひぜひご体験いただきたい。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:三条市北新保1-13-8

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL