燕市 レストハウス華苑 酢鶏ライス / 新しい大河津可動堰がダグラムっぽい件。

燕と言っても旧・分水町の、レストハウス華苑。大河津分水の近くです。

レストハウス華苑の外観(2016年4月)

新潟県外の方のためにちょっと解説しますと、大河津分水は信濃川に二つある分水路の一つです(ちなみにもう一つは関屋分水)。

完成の大きなきっかけになったのが、ちょうど120年前・1896年(明治29年)に発生した信濃川の大規模堤防決壊「横田切れ」。中断していた分水路の工事が、甚大な被害を出した横田切れをきっかけに再開したのだそうです。

本川側にある堰が「洗堰」、分水路(新信濃川)側にある堰が「可動堰」で、水位が高まったときは洗堰を閉じて可動堰を開き、越後平野に入る前に日本海へ流します。くわしくはこちら→すぐわかる大河津分水とは

で、その可動堰。2011年に新しいのが完成したのですが、その新可動堰が妙にカッコイイ。「ダグラム」っぽいのです。

よかったら見比べてみてください。ダグラムの左肩(リニアカノン)にご注目。

あら、話が脱線、いえ、話が分水路のほうへ流れちゃいました? ・・・戻します (^^ゞ

華苑には、ミニラーメンが付くお得なランチセットが数種類あります。本日は、その中から「酢鶏ライス」のセットをチョイッス。

華苑のランチセット・酢鶏ライス

酢「豚」でなく、酢「鶏」ッス。

それを、ご飯の上に乗っけちゃう感じ。酢鶏オンザライス。

酢鶏ライスのアップ

「おお、酸っぱい」(そりゃ、そうでしょ)

タマネギ・ニンジン・ピーマンは、かための食感、色味も良い感じ。野菜+鶏肉+酢なので、スブタよりヘルシーなのかも。

と、「ヘルシー」という単語が最も似合わない男が申しております。ヘルシー、腹減るシー (^^ゞ

ミニラーメンのアップ

いえ、ミニラーメンが付いてくるので、ボリュームも満足(写真がボケボケ、すんません)。

良い意味で「普通の中華レストラン」、それが華苑。

とか言っておきながら、個人的な華苑のイチオシは、洋食の「かつめし」だったり(笑)。

華苑のかつめし

カツカレーじゃありません。デミグラスソースのかかった、長岡名物の「洋風カツ丼」スタイル。中華屋さんなのに! しかも、長岡じゃないのに? JAROに言うじゃろですが、普通にとても旨し。

てか、ネーミングからすると、華苑のは兵庫加古川名物の「かつめし」だったりするのでしょうか、もしかして。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市五千石荒川1-31

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。