見附市 カフェテリア志賀 カツ丼 / 好きだってことに理由(わけ)なんか要るのかな?

えーっと、分水の「都食堂」のカツ丼が「俺のカツ丼ランキング」第1位だったのですが、残念ながら閉店してしまい・・・。

現況での暫定ベストスリーと思っているのが、五泉の「北京食堂」に、下田の「大三」と、こちら。見附のカフェテリア志賀です。

カフェテリア志賀の外観(2016年4月)

カフェテリア志賀のカツ丼(並)。今回、改めて「暫定ベストスリーのどれか」から「確定の1位」とします。

本当は上カツ丼が素晴らしいのは確実に分かっているのですが、あえて「並」でのランクイン。「俺のカツ丼ランキング」第1位決定! ドーンといってみよう~♪

カフェテリア志賀のカツ丼大盛り(味噌汁・お新香付き)

大盛りです。当然です。

カツ丼のアップ・蓋を開ける前

ダンディズムを感じるお姿(過去記事参照)。

カツ丼のアップ・蓋を開けた後

・・・ガ~ン。肝心の、開封後の写真がボケてたぁ~。

異論反論はございましょうが、「俺のカツ丼ランキング」そして「俺調べ」ですので、そこはご容赦ください。

また、「蕎麦屋のカツ丼(蕎麦屋系)は別部門として扱う」という前提ですので、そこもご了承ください。

自分のカツ丼の好みについて分析してみますと、好きなお店はいずれもご飯とアタマの割合に特徴があります。「白飯とカツ煮のせめぎ合い」に、とてもこだわりがあるようです。

もうひとつのこだわりは「ロース肉の具合」。もっと端的に言えば「脂身の割合」。ロースの脂身の旨さに惹かれるようです。

あと、「フタ付きのドンブリ」ってのも大きなポイントのようです。それと、基本的に「汁だくNG」のようです。

「ようです」「ようです」って、妖怪ウォッチみたい(♪よーでる、よーでる、ね)。「カツ丼」タグのリンクから過去記事をご覧いただくと、私の好みが分かりやすいかもです。

しかし、「自分のことは自分が一番分かっていない!」のが世の常。大三のカツ丼はかなりの汁だくなので、この法則に該当しないのです。

自己分析なんてものは、あまり当てになりません。・・・でも、好きだってことに理由(わけ)なんか要るのかな?

(何を二枚目みたいなこと言っちゃってるわけ?! 二枚目でなく「二杯目」だろ?)

もう閉店して久しいですが、村松の「さくら食堂」のカツ丼も忘れられない一杯です。旧ブログでの記事はこちら

ごちそうさまでした。。。。。(丸5つ!)

お店の住所:見附市今町2丁目甲129-1(カフェテリア志賀)

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 隙間から見えるカツのチラリズム。生唾者です。
    以前は個人的に理解できなかったのですが「本番無しのパンチラだけ」等のフェチビデオが好きな人の気持ちが今は少しばかり理解できたように思います。

    でも志賀のカツ丼は「チラ見」レベルでなく「大股開いた」レベルですね、恐れいりました。

      1. つい先日の平日ランチにカツカレー普通盛り食べましたが、この店はやはりカツ丼かカツカレー、カツ定食がマストですね。他のメニュー(特に軽食系)がきになります。

        その時の他のお客(4人)ともに全員がカツカレーとカツ丼を頼んでいました。
        他のお客は全員が50から60代で中に女性も居ました。年齢を重ねても好きなモノは好きなんでしょうね。次回はカツ丼を食してみます。

        1. カツ系強く、上カツにすると神々しさまで感じます。私は「並」ばかりですが、カツ定とカツ丼の二択で廻してます。
          ぜひ、カツ丼 大盛りでお試しください。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL