南魚沼市 羽屋 らーめん(しょうゆ) / 恋といっても、今では・・・どす「こい」。

六日町のお店です。

お気づきの方もおられるかもしれませんが、昨日の記事・「らーめん極」の続きです。堀之内から六日町まで遠征、そして連食 (^^ゞ

らーめん極では中盛をいただいたので(ありがたいことに無料サービスでした)、「中盛後のもう一杯」という流れ。

いえ、昔は「大盛りを3軒ハシゴ」とか普通にやってたので、中盛り→普通盛りのハシゴくらいはお手のものです。・・・とか思ってたら、結構キツかったです。もう、昔のようには食べれなくなっちゃったのかな?!

(いや、いや、いや、十分食べてますから! 食べ過ぎですから!)

「六日町の新店チェーック!」と思って行ったのですが、お店の前に来たら「あれ?」と思って通り過ぎてしまい・・・。

店名が変わったようですね。「ら~麺 てつや」から「羽屋」へ。

らー麺・羽屋の外観(2016年5月)

羽屋の一番人気は、「てつ二郎らー麺」という二郎系のようです。

が、それはこの日2杯目ということで遠慮させていただき、いえ、自主規制させていただき、「らーめん(しょうゆ)」をいただくことに。賢明な判断。

羽屋の「らーめん(しょうゆ)」

「おお! 好み!」

正直、期待とかしてなかったのですが(失礼)、逆に先入観がなかったからか、「お!美味しいじゃないですか(注:個人差があります)、羽屋!」と、素直に思いました。

出合いがしら、って言うんですか? まさにそんな感じ。

例えば、図書館。本を取ろうと思って手を伸ばしたら、同じタイミングで同じ本を取ろうとしてる手が。

ぶつかって、「あっ! すみません」。目が合う、ドキッ。そこから始まる恋の物語、的な?

してみたいなぁ~、そういう恋。

今となっては「恋」より、どっちかと言えば「どすこい」ですが(体重的に)、・・・それが何か? ボーイ・ミーツ・ガールならぬオジサン・ミーツ・ハネヤの巻、でした。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:南魚沼市六日町2344-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL