新潟市中央区 だるまや 女池店 チャーハンセット / 心理的価格設定に追加したい「昼飯的価格設定」とは?

♪だ・る・ま・や・さんが~、ころんだ!

(止まって下さいね)

「だるまや女池店」で、ランツァ!

だるまや女池店(2016年5月)

この日は平日ランチサービスということで、そうでなくてもお得な「だるまラーメン+チャーハンセット」が、なんと!? 通常900円のところ800円!! 100円お得!!

たった100円、されど100円。800円と900円、この間の100円には、心情的に100円以上の価格差があると思いませんか?

マーケティングで言う「心理的価格設定」の一種でしょうか? ・・・ちょっとお堅い? では、「昼飯的価格設定」と呼びましょう。

昼飯的価格設定の定義としては、

500円(ワンコイン)と600円の間、および、800円と900円の間に、消費者は100円という価格差以上の障壁を感じるので、それを考慮して価格を設定すること。

・・・で、良いでしょうか? ぶっちゃけますと、500円か800円なら選びます、ってことですね。

これが千円になると、また話は別です。「千円超ランチにおける注文のトリガー」については、いずれまたどこかで考察することにいたしましょう (^^ゞ

というわけで、だるまラーメン+チャーハンセット、実食です。

だるまや女池店のチャーハンセット(だるまラーメンとチャーハン)

チャーハンセットにズームイン。

だるまや女池店のチャーハンセット

ま~るい感じがちょっと可愛い。

だるまやのチャーハンセットは、セットメニューではなくて、「ラーメンとセットする用のチャーハン」なわけですが、ミニチャーハンとしてはやや多目(?!)なのです。

だるまラーメン。

だるまや女池のだるまラーメン

麺は中太。薄切りのチャーシューに海苔がノリノリで、モヤシたっぷり。

隣の席の人がもやしのトッピング(80円)を追加してて、別皿にタップリついてきました。「アレもいいなぁ~」とか思いつつ、「でもそんなにモヤシ要るかなぁ~」と、ちょっと弱気な考えも。・・・言うなれば、「もやしっ子」的発想?

だるまラーメンは、ちょっと「都会的」な背脂醤油。燕背脂を「重油」とすると、だるまやは「ハイオク」という感じ。いや~、エンプティーだった心の給油タンクもすっかり満タン。♪心も満タンに、です。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市中央区女池神明1-1608-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。