三条祭り露店のチョコバナナ / ベタですが、思いきって。「・・・そんなバナナ!」

季節外れの話題で申し訳ないのですが、2016年5月14日の出来事。

この日は、三条祭りの日。

三条祭りは三条八幡宮(八幡さま)と神明宮(神明さま)のお祭りで、5月14日から16日にかけて行われます。14日が八幡さまの宵宮、15日が八幡さまの本祭と神明さまの宵宮で、16日が神明さまの本祭。

15日は昼に大名行列、夕方に舞い込みが行われ、16日は神楽が奉納されます。Wikipediaの「三条まつり」の項目も参照していただくといいかも。

当日に鯛もしくは川鱒を食べるのが古くからの習慣で、「鯛まつり」なんて呼び名もあるようです。三条もんにとっては、タイかマスに赤飯とお煮しめ、というのがお祭りの日の伝統的なお膳。

子供のころは宵宮の露店が楽しみで愉しみで・・・。八幡さまのほうには見世物小屋やオートバイのサーカスとかも出てて、見世物小屋とかマジで怖かったけど、「けど、見たい!」「けど、怖い!」みたいな。中学生になると喧嘩に巻き込まれたり・・・。

大人になってからは、大名行列に2回ほど参加させていただきました(3年連続の参加でしたが、1回は雨で中止)。白張(白丁、はくちょう)という平安チックな白い衣装を着て、お神輿を担ぐ役。肩に座布団を折ったものを入れて担ぐのですが、それでも翌日は動けないくらいでした。でも、とても良い想い出になりました。

行列の笛の音、太鼓の音・・・。とても心地よく、懐かしく、そして、耳にすると背筋が伸びます。引き継がれてきた悠久の時を感じます。

最近は仕事などが忙しく、なかなか行けてないのが少し寂しい。というわけで、娘から貰った三条まつりのお土産がこれ。「チョコバナナ」。

三条まつりのチョコ バナナ(2016年5月)

「な、な、な・・・、なんじゃこりゃ~!」

ビニール袋越しでちょっと分かりにくいですが、なんじゃい、このお洒落にデコられたチョコバナナは!? す、す、凄いですね。

でも、バナナの先っぽだけが3つも串に。本体はどこに行ってしまったのでしょう? 本体だけのチョコバナナも売ってるのか? それとも本体はクレープとかに使われる?

深まる謎。

真相は、藪の中ならぬ「バナナの皮の中」? ・・・それは「そんなバナナ」っす(笑)。

ごちそうさまでした。。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL