三条市 越佐 えん家 豚骨醤油ラーメン / 「花いっぱい街道」より、「腹いっぱい街道」のほうがいいな。

「越佐」って言われると思い出す、「♪エッサホンダ、エッサホンダ」のCM。

覚えてる方、いますかね? マッドネスが出演してた初代ホンダ・シティのCMのパロディのやつ。

わかるかなぁ~? わかんね~だろうなあ~。イエ~イ!(by 松鶴家千とせ)

さて、三条市の国道8号線沿い・大島地区にあります「つばさんフルーツ通り ふるふる」。そこのレストランがリニューアルして、横浜家系ラーメン「越佐 えん家」になりました。

横浜家系。イエ~イ系!(ここに繋がるわけですね)

越佐えん家の外観(つばさんフルーツ通りふるふる内・2016年6月)

「南側のお庭」的なアプローチが、いい感じ。

以前はどんな感じだったのか分かりませんが(行ったことがなくて)、リニューアル後もラーメン店というよりレストランな感じです。タレカツ丼や、天丼、カレーライス、日本蕎麦などもあります。

価格設定は、「豚骨醤油ラーメン」が780円、ドリンクバー付き定食の「日替りランチ」が950円と、少しお高め。

ですが、実はこのように・・・

ライスと味噌汁のジャー

セルフサービスのライスと味噌汁と漬物があるのです。

残さない程度におかわりもできるようなので、それを加味すれば費用対効果・満足度は高いような気がします。

今回は、豚骨醤油ラーメン。まんが日本昔ばなし盛りにしたふりかけライスと、漬物を添えて。

えん家の豚骨醤油ラーメンとライス(のりたま)、漬物

「ライスを添える、ってレベルじゃねーぞ!」ってツッコミは、なしよ(欽ちゃんふう)。

味噌汁は「さすがにラーメンと一緒というのはどうか?」と思って辞退した次第ですが、セルフサービスのライスは、不可抗力と言いますか、正当防衛と言いますか、誘惑に負けて、ついつい盛り過ぎる、食べ過ぎる傾向にあります(言い訳)。

ローアングルからも。

豚骨醤油ラーメン・別アングル

ラーメンの丼が個性的。視点を変えると、ふだん見えないものも見えてきますね。

ラーメンのアップ。

豚骨醤油ラーメンのアップ

具沢山で、結構な量の茹でモヤシがマウントされています。

「具は基本的に別途オプションで、それにより客単価のアップを促す」のが家系ラーメンの特徴と思っていましたが、越佐えん家のはデフォでもフルライン、大きなチャーシューにハーフカットの煮玉子まで乗ってるのでした。

感想は、「お腹いっぱい!」の一言に尽きます。欲張って、まんが日本昔ばなし盛りライスにしたのが原因と思います。言うまでもなく、セルフで盛ったライスは残さないのがマナーですが、危ういところでした。

こちらの周辺には二郎系の「麺豪 織蔵」がありますので、付近一帯が「腹いっぱい街道」と呼ばれるようになる日も近いような、近くないような、そんな予感。

三条市立大島中学校もありまして、こちらは新潟県花いっぱいコンクールというので賞をもらったりしているのですが、「花いっぱい街道」より「腹いっぱい街道」のほうがいいな。

いいな、いいな。そのほうが断然、いいな。

せっかくですし、ここはまんが日本昔ばなしのエンディングテーマを皆さんと一緒に大合唱して大団円、とさせてください。

では、ご唱和ください(猪木ふう)。・・・さん、はい!

♪いいないいな、にんげんっていいな~

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市大島4261-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL