新潟市西区 田か乃 日替り定食 / 小千谷そば・・・ へぎそばの「へぎ抜き」。

新潟西高校の近くの蕎麦屋さん、「田か乃」。

西区五十嵐の田か乃の外観(2016年7月)

屋根の上・・・、ちと違和感あり(笑)。お隣の看板です。

同じ名前のお店、新潟市内にふたつありますよね?

国道8号沿い・黒崎の先の(まぎらわしい)、新潟ふるさと村からもう少し北に来た(まぎらわしいパート2)あたりにも「田か乃」がありますが、今回はそちらではなく、もっと日本海側のほうのお店。

どちらも新潟市西区ですし、「内野店」とか「黒崎店」とか付けてもらうと分かりやすいのですが、互いに譲らず? いえ、姉妹店のようですね(兄弟店かもしれませんが、・・・どっちでもいいやん)。

「日替り定食」。800円だったと思うのです。

田か乃の日替り定食(小千谷そば、メンチカツ、ライス、お新香)

「わ~、目移りしちゃ~う♪」を印象派風に表現してみました、という名目の手ブレ写真 (^_^;)

「小千谷そば」と、この日は「メンチカツ」のセット。

小千谷そばは、看板やのれんにも店名の冠として書かれていますが、名前のとおり小千谷スタイル。へぎそばと同じく、布海苔を使ったお蕎麦です。

蕎麦のアップ

一口分ずつの盛り付けもへぎそば風。

でも、お皿で出てくるので、へぎそばの「へぎ抜き」な雰囲気。ハンバーガーに例えれば「バンズ抜き」っすね。それってハンバーグじゃん!的な。

メンチカツにもズームイン。

メンチカツのアップ

厚焼き玉子付き。嬉しい誤算。

蕎麦は天ぷらと組み合わせるのが定番ですが、フライと蕎麦。

でもね、これも嫌いじゃないです。ビコーズッ! 何故ならば・・・

「立ち食いそば店でコロッケのトッピングがあったら必ずと言っていいほど頼む派」だから。

あったかい蕎麦にサクサクコロッケをのせる背徳感。ジワジワとおつゆが染みて、ほぐれていくコロッケ。最終的に揚げ衣とマッシュポテトになるという、ポテサラ化現象。

これがいいんです! とてもいいんです、これが、この感じが・・・。

今回の定食は、つめたい蕎麦にアッツアツの揚げ立てメンチカツ。冷たいのと熱いのを組み合わせるのも、やはり背徳感。背徳感の妙。

イケないことをあえてやっちゃうドキドキ感? 不倫とか浮気とか? そういうのに似てるのでしょうか? 経験がないのでわかりませんが・・・ (^^ゞ

お皿に盛られたへぎそばも(いや、だから、へぎに盛られてないから、へぎそばではないんだと思うよ)おいしくて、とても「いいね!」

あ、この流れ。また出ますね、例のアレ・・・。

ばかいいねっか!

出た! 作ったからにはトコトン活用。いえ、むしろ「とこ豚」活用。もとを取った感、あります。

コメントだったかツイッターだったかにて、「なかなかボリューミーで良い蕎麦屋さん、近く閉店するらしいから早めに行ったほうがいいよ」と教えていただいたお店だったと思います。行けて良かったです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西区五十嵐中島4-24-7

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL