燕市 さとう食堂 中華そば / 唐突に、リーガル・サスペンス劇場。

燕市の「さとう食堂」、通称「さとしょく」。小池小学校の近所です。

さとう食堂の外観(2016年7月)

大盛り研究所の「燕背脂ラーメンの巻」では、食堂系背脂のカテゴリーに分類されていました(分類したの私だ、でしょ)。

地元の方からは、「オラ、ここんちのんがいっち好きられ!(標準語訳:私はここのお店のが一番好きだよ!)」という声をよく聞きます。俺調べ。

この日は「中華そば」をいただきました。

さとう食堂の中華そば(大盛り)

久しぶりのさとう食堂だったのですが、「・・・ん?! 味がなんか、前と違う?」という感想。見た目は記憶の中のとそんなに変わってないのですが、味がなんか違うぅぅ~。

木の精でしょうか? ・・・って、フェアリーか! ティンカー・ベルとかか! もとい、気のせいでしょうか?

それとも、ボウルボウル、つまり、「たまたま」だったのかな?(球はボールじゃん? ボウルだとお椀じゃん?)

さとしょくの中華そばは、もっと優しい、薄め甘めのスープだったように思うのですが、この日のは醤油がとても尖ってて、濃い味に感じました。自分の口の調子といいますか、体調みたいなのもあるのでしょうし、どこか別のお店と勘違いしてるのかもですね。

こちらでは、平日ランチタイムは「ラーメン類の大盛り無料サービス」。嬉しいことに普通盛りと同じ価格ですので、素直に「大盛り」、いただきました。

ここで唐突に小芝居タイム! リーガル・サスペンス劇場、始まるよ!

「被告が大盛りを選んだのは不可抗力によるもので、このケースでは正当防衛が成立すると思われます! 誰の目から見ても無実は明らか。陪審員の皆様! いかが思われるでしょうか?」

主任弁護士の鋭い声が響く法廷内。

そして判決後。若手弁護士が裁判所前で待つ報道陣に向かって走り出す。「逆転勝訴」と書かれた例のアレを持って・・・。

「無罪を固く信じ、応援してくださいました支援者の皆様方には、心より! 心より感謝申し上げます! う、う、うぅぅ~(嗚咽)」

業務上過食致死傷罪に問われた被告。「おまい、食いすぎてっから逮捕な!」という国家権力の横暴に立ち向かい、見事無罪を勝ち取ったのであった。

(エンドロールが流れて・・・、暗転後)

(ΦωΦ) キラ~ン♪

「・・・無料じゃなくても絶対に『盛ってた』けどな。ふふふ」

ホラー映画とかで、犯人がニヤリと笑って終わるヤツやー! どんでん返しのヤツやー! ・・・一発当てた場合のパート2制作に備えた感じのヤツやー!

これこそ後に言う「全米が震えた!大盛り無料裁判」であった。リーガル・サスペンス劇場・完。

あ、ちなみに例のアレ。「判決等即報用手持幡」という名前だそうですよ。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市杉名31-3

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。