阿賀町 川港茶屋 塩屋橘(しおやたちばな) かき揚げおろしそば / デカッ! かき揚げ刑事、現る。

仲間うちで「ミステリーツアー」ってのをやってます。

幹事が日帰りの旅を企画して、他のメンツは目的地を知らされずに連れて行かれるという、まさにミステリーな旅なのです。

この夏の幹事は私だったので、どこがいいか色々調べてたのですが、その時、とある蕎麦に出くわして一目惚れ。

お店の名は「川港茶屋 塩屋橘」。津川のそば処です。

津川といえば「狐の嫁入り行列」が全国的に有名ですが、商店街(若松街道)に「狐の嫁入り屋敷」という資料館みたいなのがあって、塩屋橘もその通り沿いにあります。

趣のある建物。

塩屋橘の外観・二階(2016年7月)

塩屋橘の外観・一階入り口

古民家の古材をふんだんに使って新しく建てられた店舗で、蕎麦を食べるのにはもってこいの雰囲気です。

で、問題の「とある蕎麦」がこちら。冷たい蕎麦・「かき揚げおろし」です。

そば処・塩屋橘のかき揚げおろし

この「デカイかき揚げ」に、一目惚れ。

デカすぎるかき揚げ。かき揚げ刑事(デカ)、略して「かきデカ」だわ(笑)。

津川 塩屋 橘2016-07-24 023

こまわり君に逮捕されても致し方ないくらいドデカいジャンボかき揚げ。それが冷たい蕎麦の上にのって、倒れないように(ってわけではないと思いますが)大根おろしが脇を固めてます。

超弩級のサイズ感ですが、チャレンジメニューということではなく。「わぁ~! 凄~い!」って感心してるうちに、勢いに乗ってアッという間に食べ終わる感じです。

蕎麦の量は、かき揚げが巨大なせいか、やや少なめに感じました。味のほうは、と言いますと、デカいかき揚げに全部持ってかれて、あまり、というか、実はまったく記憶がない。

すんまへん、不甲斐なくて。津川だけに「狐に化かされた」ってことで・・・。ダメ? 死刑!

冷たいそばなので、食べ終わった頃に蕎麦湯も出してくれます。食後は、蕎麦湯を飲みつつ、「かき揚げデカ」についてのディスカッションがゆっくりまったりと繰り広げられました。

ちなみに、狐の嫁入り行列。毎年5月3日に行われていて日中の行列の後・日が暮れた夜の「結婚の義」が篝火や提灯に照らされてとても幻想的だからぜひ観た方がいいよと教えてもらいました、道の駅・阿賀の里の阿賀野川ライン舟下りのガイドさんに(笑)。機会があったら一度観てみたいです。

ミステリーツアーの様子は裏ユキヒロックでも記事を書いてます。もし興味があったらそちらもどうぞ。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:東蒲原郡阿賀町津川3508

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. この夏~秋にチャンスがあったら行こう行こうと思いつつ、
    冷たい蕎麦の季節じゃなくなり、ついぞ行かなかったお店です。

    やっぱり美味しそうですね。そびえ立つかき揚げ。
    しかし天ぷらで胃がもたれ気味なワタクシ……フライと唐揚げは平気なのに orz

    1. 来シーズンにぜひぜひ♪♪ ツーリングには丁度良い距離かもです。「胃もたれ」・・・声に出して読みたい日本語です。。。言ってみた~い♪ (^^ゞ

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL