新潟市西区 麺屋 オグリ 琥珀中華そば+ミニチャーハン / 看板の暗号、家に帰ってから気がついた。

越後赤塚駅の近くです。以前 、焼龍(シャンロン)だったところ。

オグリは、夷霧来(いむら)・らぁめん優雅・極一(ごくいち)の系列店とのこと。なるほど、こちらのメニューにも夷霧来などと同じく「琥珀中華そば」があります。

というわけで、「琥珀中華そば」620円也。プラス、「ミニチャーハン」200円也。ナリナリ。

麺屋オグリの琥珀中華そばとミニチャーハン

チャーハンセットにすると、ミニチャーハンが定価よりお安くなったので、ついついつい(3回言うと、なんか違う)。

ええ、ええ、ええ・・・。出来心、ってやつですかねぇ~。

麺屋オグリ 琥珀ラーメン 2016-07-27 022

琥珀中華のスープは、まさしく「琥珀色」。透明感あるスープ。

でも、いわゆる新潟あっさり系・新潟支那そば系ともちょっと違いますよね。現代的な解釈を加えた、モダン新潟支那そば? 言うなれば、新潟あっさりコンテンポラリー。ブラコンならぬアサコン?

味は、夷霧来や優雅の琥珀中華と同じってか似た感じでした。そりゃそーだそーだそーだ。

ミニチャーハンとの相性も問題なし。新潟あっさり系・支那そばチックなラーメンなので、ラーチャンにも適応できますますます。(なになになに? 三回言うの流行ってんの?)

あ、そうだ。琥珀中華そばは大晦日に食べるのがいいかも。NHKコハク歌合戦!(驚)

んで、お店の看板がこちら。

麺屋オグリの外観(2016年7月)

なんか違和感があったのですが、家に帰ってから気が付いて。「・・・あ~!!」ってなりました。

看板の右端、唐突に帽子のマークが出てきますよね?

これって「つば付きの帽子」、つまり「キャップ」。店名に続けて読んで、「オグリキャップ」ってシャレなんじゃ・・・、ないの?ないの?ないの?

これ考えた人、競馬好きなのかしら?かしら?かしら?

「平成の怪物」「芦毛の怪物」と呼ばれたアイドルホース、オグリキャップ。晩年にはすっかり白馬な見た目になってて、現役時代とのギャップに吃驚。これぞオグリ「ギャップ」。

芦毛の馬は、茶色い肌に白い毛が生えていて、歳をとると真っ白くなるんだそうですよ。競走馬ひとくちメモでしたでしたでした(しつこい)。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西区みずき野2-14-16

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 以前極一で琥珀中華の大盛りを頼んだことがありました
    ですが出てきたのは普通盛り
    店の人が気が付いて後で残り半玉分別丼をだしてくれました…
    具無しの麺とスープのみの素ラーメンです

    驚いたことに、後で出された半玉ラーメンが異様にうまかった…

    理解しました、ここの琥珀中華に具を乗せてはいけません
    ネギすらじゃまです
    素ラーメンが一番です

    1. コメントありがとうございます。 半玉分別丼とは、なかなかお店の方も考えましたね。(^^ゞ
      素ラーメン・・・最近、具を別皿に出すスタイルを見かけますが、繊細なスープと麺を
      率直に味わってもらいたいんでしょうね。わかる気がします。
      そして、「大盛りにしちゃうと味が変わってしまうよねぇ~」と言う話も納得なのですが、
      背に腹は変えられない食いしん坊なので、頭ではわかっても、お腹ではわかっていない男です。(^_^;)てへへ

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。