新潟市西区 麺屋 オグリ 琥珀中華そば(+ミニ炒飯)/ 看板の暗号について、家に帰ってから気がついた。

越後赤塚駅の近くです。以前 「焼龍(シャンロン)」だったところ。

夷霧来、らぁめん優雅や極一の系列とのこと。なるほど、メニューが「琥珀中華そば」になってますもの。

まさしく「琥珀色」の透明感あるスープ。でも、新潟支那そば系とはちょっと違う系統ですよね。新潟支那そばをもっと現代風解釈?!

カタカナ英語で言うなれば、コンテンポラリー支那? モダン支那そば?

麺屋オグリ 2016-07-27 021

琥珀中華そば620円+ミニ炒飯200円増し也、也、也。

セットにすると、ミニ炒飯が安かったので、ついついつい。(3回言うと、なんか違う)

ええ、ええ、ええ、、、出来心ってやつですかねぇ~。

麺屋オグリ 琥珀ラーメン 2016-07-27 022

基本の「琥珀中華そば」が、新潟支那そばチックなのですから、新潟の「ラーチャン」文化にも、適合でき ますますます。(なになになに?3回言うの流行ってんの?)

味は、「夷霧来」「らぁめん優雅」の琥珀中華そばと同じ?似た感じでした。(そりゃーそーだ、そーだ、そーだ。)

あ、そうだ年末に食べるのに向いてるかも・・・NHK 琥珀歌合戦!(驚)

麺屋オグリ・キャップ 2016-07-27 020

ちなみに、「麺屋 オグリ」と言うお店の看板に違和感があったのですが、家に帰ってから「あ~!!」って・・・気が付きました。

「麺屋オグリ」の文字の隣の帽子・・・あれって、つば付きの帽子=キャップで、「オグリ・キャップ」の意味なのでは・・・・ないの?ないの?ないの?

考えた人はきっと、競馬好きなの かしら?かしら?かしら?

「平成の怪物」「芦毛の怪物」と呼ばれたオグリキャップは、晩年 白馬になっててその「キャップ」に・・・いえ、「(オグリ)ギャップ」て吃驚したけど、「芦毛(あしげ)」って、茶色い肌に白い毛が生えてるけど歳をとると真っ白くなるんですってね。競走馬ひとくちメモメモメモでした。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西区みずき野2-14-16

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 以前極一で琥珀中華の大盛りを頼んだことがありました
    ですが出てきたのは普通盛り
    店の人が気が付いて後で残り半玉分別丼をだしてくれました…
    具無しの麺とスープのみの素ラーメンです

    驚いたことに、後で出された半玉ラーメンが異様にうまかった…

    理解しました、ここの琥珀中華に具を乗せてはいけません
    ネギすらじゃまです
    素ラーメンが一番です

    1. コメントありがとうございます。 半玉分別丼とは、なかなかお店の方も考えましたね。(^^ゞ
      素ラーメン・・・最近、具を別皿に出すスタイルを見かけますが、繊細なスープと麺を
      率直に味わってもらいたいんでしょうね。わかる気がします。
      そして、「大盛りにしちゃうと味が変わってしまうよねぇ~」と言う話も納得なのですが、
      背に腹は変えられない食いしん坊なので、頭ではわかっても、お腹ではわかっていない男です。(^_^;)てへへ

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL