新潟市 西蒲区 一品香 岩室店 ラーメン / 岩室で、ワカメ問題に迫ってみる。

背脂ラーメンの聖地・燕市に於いて、「脱・背脂」の稀有な中華・ラーメン店「一品香」の支店的な視点? 暖簾分けな訳?だったと思います。

岩室 一品香2016-08-02 009

最近、朝からラーメン・・・朝ラー可能店と言う事でもジワジワと話題になっていたお店。(現在、朝6時営業の朝ラーは土日祝日に限られてるようですね。)

朝はメニューも「ラーメン600円」と「つけ麺700円」の2種に絞ってるようです。(ライス&玉子&お新香のT.K.Gセット+150円有り)

岩室 一品香2016-08-02 007

私はランチ11時以降に伺ったので、メニューはいろいろ選べたのですが、久しぶりでしたのでノーマルのラーメン(大盛り)に、ランチ時無料サービスだったので、「シェフのおまかせ無料半ライス添え」もお願いしました。(そんなメニュー名ではない!)

岩室 一品香650円ランチ大盛りか半ライス無料2016-08-02 008

えーっと、好きなタイプのラーメンです。透明感のある醤油スープは、やや塩っぱさを前面に出しつつ、魚介が効いており、細縮れ麺がズボズボとスープに絡んでサッパリといただけるラーメン。ワカメ多めで髪にも優しい。(^^)

ラーメンの具としての「ワカメ」は必要か否か?という「ワカメ問題」と言うことが時々、議論の対象になりますが、私は「ワカメ擁護派」もしくは、「ワカメ穏健派」の立場です。ワカメが合わないラーメンに「色合いで緑が欲しいなら、野菜より供給が安定してるから、これでいいでしょ?」とか「何も考えてませんけど、入ってちゃいけまへん?」のように入ってるワカメには確かに「異議あり!」はありますが、今回のようなタイプのラーメンは特に、ワカメが合うと思います。

ワカメが入ることにより、一気に浜茶屋のラーメン風になる・・・つまり、潮風を感じられる一杯になるような気がします・・・あ!新潟県外では「浜茶屋(はまぢゃや?表記で良かったかしら?)」はピンと来ないんですよね、「海の家」の意味です。新潟では「浜茶屋」と呼びます。

海で泳いで冷たくなった身体を暖めてくれて、汗をかいた身体の塩分補給、ミネラル補給にはもってこいのメニュー・・・それが、浜茶屋のラーメンではないでしょうか?

「浜茶屋のラーメン」と言うジャンルは、あって良いと思うのです。

そんな訳で、ワカメ擁護派の青年の・・・いえ、中年の主張でした。異論反論多々お有りの事と思いますが、ご清聴の程 ありがとうございました。(^^ゞ

結局、ワカメが嫌いな人には「何を言っても・・・ワカんメぇ~」と言う事で、、、

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西蒲区津雲田640

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL