新潟市西蒲区 一品香 岩室店 らーめん / 岩室で、ワカメ問題に迫ってみる。

国道116号沿い、岩室の「一品香」です。燕の一品香の支店的な視点? 暖簾分けな訳? だったと思います。

一品香岩室店の外観(2016年8月)。窓に「朝6時から営業中!土日祝」の貼り紙が。

燕の一品香は「背脂ラーメンのメッカにおける非背脂ラーメン」という稀有なお店ですが、こちら岩室の一品香の特徴は営業時間。

「朝ラー=朝からラーメン可能」ということで、最近、ジワジワと話題になっておりました(が、上の写真にもあるように、現在、朝営業は土日祝日限定になっているようですね)。

でも、今回は朝ラーでなく、ランチタイム。

朝のメニューは2種に絞ってるようですが(ラーメン600円とつけめん700円、プラス150円でライス・玉子・お新香のT.K.G.セットも有り)、お昼はもちろん色々選べます。

久しぶりの岩室店でしたので、ノーマルの「らーめん」。

一品香岩室店の「らーめん」(大盛り)

大盛りなので650円也。

さらに、ランチ時無料サービスだったので、「シェフのおまかせ無料半ライス添え」もお願いしました。(そんなメニュー名ではない!)

無料の半ライスと大盛りらーめん

えーっと、好きなタイプのラーメンです。

透明感のある醤油スープは、ややしょっぱさを前面に出しつつも魚介が効いており、そこに細縮れ麺がズボズボと絡んで、サッパリといただけます。

ワカメ多めで、髪にも優しい (^^)

けど、ワカメは時々、ラーメン好きの間で議論になる存在。ワカメはラーメンの具として必要か否か、という「ワカメ問題」です。

私は、「ワカメ擁護派」もしくは「ワカメ穏健派」の立場。

単に色合いとして緑が欲しいとか、野菜より供給が安定してるからとか、「入ってちゃいけまへん?何も考えてませんけど」的なワカメの入れ方には、確かに「異議あり!」

ですが、ワカメが合うラーメンならば、もちろんウェルカム。そして、岩室一品香のらーめんは、まさにワカメが合うタイプ。

そういうラーメンは、ワカメが入ることにより一気に浜茶屋のラーメンふうになる。つまり、潮風を感じられる一杯になる。ような気がします。

・・・あ! 新潟県外の方には「浜茶屋」はピンと来ないんですよね。「海の家」のことです。新潟では「はまぢゃや」と呼ぶのです。

冷えた身体を温めてくれ、汗をかいた身体に塩分やミネラルを補給してくれる、海で泳いだ後にはもってこいのメニュー。それが「浜茶屋のラーメン」。ラーメンのジャンルとして、「浜茶屋のラーメン」というのがあって良い、とも思うのです。

以上、ワカメ擁護派による青年の主張でした。・・・いえ、中年の主張でした。異論反論オブジェクション、多々あろうかとは存じますが、まずはご清聴の程、ありがとうございました (^^ゞ

結局、ワカメが嫌いな人には何を言ってもワカんメぇ~、ということで・・・。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西蒲区津雲田640

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。