エースコック EDGE 鬼シビ辛みそラーメン / シゲキ、たりてるっちゃ?

「スーパーあいでん」で見つけた、変わり種カップ麺シリーズ!!

あいでんは、愛すべきわが町・三条のローカルなスーパーマーケッツ。仕入れがなかなか上手ってか独特なのか、変わったカップ麺(・・・正直、あまり売れなかったような品)が目玉商品的に平積みされ、常に数種類置いてあります。売り切れ御免です。

さーて、今回のサザエさん、いえ、カップ麺は・・・?

電撃的な運命の出会い! エースコックの「EDGE 鬼シビ辛みそラーメン」!  ビビビッ!

エースコック EDGE 鬼シビ辛みそラーメン(開封前)

EDGEは、エースコック公式サイトのニュースリリースによりますと、「驚き」と「やりすぎ」でインパクトMAXなブランド、とのこと。鬼シビはその第八弾。

うる星やつらとのコラボレーションということで、ラムちゃんのトラ柄ビキニな、カミナリ様チックなパッケージデザインが目を惹きますね。♪おにーのパンツはいいパンツー

蓋に貼られた小袋は、「激辛スパイス」と「激辛調味油」。お湯を注いで5分待ち、この二つを入れますと・・・、

EDGE 鬼シビ辛みそラーメン(完成)

こんな感じに。見えてませんが、スープは真っ赤!

具はシャキシャキのキャベツ。麺は太麺で、エースコック特有の、フカフカした食感。

味は、「鬼シビ」って言うくらいなので、単なる激辛でない、「痺れる」感じの辛さ。カミナリ的な、陳麻婆豆腐的なのが、舌はもちろん唇にもジンジンきます。

おそらくは、山椒(花椒?)のシビレなのだと思われます。ラムちゃんの電撃をイメージしたそうですが、まさにその通りの味で、エースコックさんの本気度が伝わってきます。・・・いえ、きますっちゃ♪ ラムだっちゃ。

「うる星やつら」といえば、新潟県民として思い浮かぶのは、やはり原作者・高橋留美子さん。

新潟出身の漫画家はたくさんいますが、知名度では彼女が一番なのでは? ラムちゃんの「だっちゃ」は佐渡弁だと言われてますし、「海が好き」も海の家でなく浜茶屋でしたよね?

(追記:Wikipediaによりますと、「だっちゃ」は仙台弁由来で佐渡弁ではないのだそうです。トホホ・・・。申し訳ございません)

あと、“Urusei Yatsura” って海外のバンド、ご存知でしょうか。ローファイでパワーポップな感じだったような?

原作者からクレームがついたかなんだかで、その後、“Yatsura” に改名したんだったかな? ・・・「うろ覚えなやつら」で、すんまへん(笑)。

お話を戻しますと、食後はシビれ辛い料理特有の爽快感がありますが、汗かきな方はタオルが必須。トムヤムラーメンよりもキツいと思われますので、辛いのが苦手な方は手を出さないほうが無難、かも。

ごちそうさまでした。。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。