三条市 丸竹食堂 もりそば(大)/ ”蕎麦の茹で汁を平気で飲む彼氏” 問題。

丸竹食堂 ざるそば 2016-08-15 004

やはり、睨んだ通り「丸市屋」さんとの繋がりがあったようです。

だって、この緑のお蕎麦。。。関係性がなかったら、、、逆に問題あり!ですよね。

近年は代わってしまったのですが、長いこと我が家と言うか、我が一族の「年越し蕎麦」は、丸市屋さんだったので、時々 無性に食べたくなる蕎麦。

まさか!? 丸竹食堂でその味に出会えるとは思ってみなかったので、本当に驚き、そして嬉しスです。

丸竹食堂 ざるそば2016-08-15 001

この日は引っ越しのお手伝いで、昼食に奢っていただきました。

各自思い思いのメニューを頼んで良いぜよ!って事だったのですが、自分は一応、「引っ越し蕎麦」的な意味合いも・・・って、引越し蕎麦って、引っ越しを手伝った人が食べるんじゃなくて、引越し先のご近所に配るものなんだろうけどね。。。ええ、蕎麦が食べたかっただけです。(^^ゞ

ちなみに、引っ越し蕎麦ってのは、「細く長くお世話になります!」って意味と、「側に来ました・・・の側」と、「蕎麦」を引っ掛けてる意味もあるらしいです。まー、要は、駄洒落ですね。(^^ゞ

ちゃんと、蕎麦湯も付いてきて良い感じ。蕎麦湯は蕎麦を茹でたお湯ですが、蕎麦の高い栄養素が溶け出ていて、とても身体に良いそうです。

なんか、去年のネットで話題になってたけど・・・「蕎麦の茹で汁を平気で飲む彼氏」とかってブログの話・・・

「育ってきた環境の違いなのか、そばの茹で汁を飲む人をはじめてみた。そば湯だからと言うのだけど、茹で汁ごときを健康に良いといって平然と飲む姿を受け入れられそうにない。」

と言うもの。

ネットの反応は、「まともな蕎麦屋行ったこと無いんか!」とか、「そば湯を知らないのか!」みたいなものだったけど、若い子はファーストフードや、ファミレスばかりだと、いい歳まで案外知らずにいても不思議じゃないのかもね。

学校帰りに、「おっしゃ!みんなで蕎麦食い行こーぜ!! アガるー!」とかってことには、あんましならないだろうしね。いや、学校の近くに学生に人気のなんかそういうお店も中にはあるんでしょうけど、若者のエネルギー源としての蕎麦ってのは、やや蛋白過ぎる帰来もなきにしもあらず。

血糖値とかが、気になるようなお年頃の食べ物なのかもしれない。

「ルチンと若者」って、なんか一番遠いところにあるのかも?

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市興野1丁目6−6

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL