新潟市南区 味むら ギョーザセット / 入り口がふたつあるお店って、美味いお店が多いような気がする。

旧・味方村って、現在は「新潟市南区」なんですね。平成の大合併からかれこれ20年(?)、ようやく知る真実。気が付かなかったです、ごめんなさい。

さて、味方村といえば・・・

「やっぱり、味の大昌!」

そう言うあなたは、なかなかのラーメン通とお見受け致しやす。

雑誌の特集が火付け役となった、新潟ラーメンブーム。その黎明期、個人サイトがホームページからブログへ移行し始めていた時代。「味の大昌」は、ラーメン店の中でも一目置かれる存在だったと思います。

阿賀町の一心亭の記事にもちょっと書きましたが、軍鶏出汁のラーメンで、「知る人ぞ知る!」っぽい場所にあったのですが、何を間違ったか白根市の国道8号沿いに移転したのち、閉店してしまいました。

今では伝説的なお店になってしまった大昌ですが、移転前のお店の近くっちゃー近く、味方体育館のそばに、これまた「知る人ぞ知る!」的な、なかなか通好みのお店があります。

その名は、・・・いえ、大ヒット作に便乗します。君の名は、「味むら」。

味むらの外観(2016年8月)

赤いのれんには、店名でなく「ラーメン」。知る人ぞ知る感を高めてます。

このときは餃子気分だったようで、「ギョーザセット」をチョイッス!

味むらのギョーザセット

餃子5個+半ラーメン+ライスで、確か?700円台だったと思います。

煮物の小鉢が嬉しいお年頃。そして、餃子のタレ容器は、青いフタに「たれ」とひらがなで書かれていて、とても分かりやすい!!

「たれって書いたのは、たれやー!(誰やー!)」

(そこ、どうでも(・∀・)イイ!!)

ギョーザは羽つき。

ギョーザの皿アップ

餃子はやっぱ、「5個で一人前」が正しいと思う。

半ラーメンは、普通のお店の七~八掛けくらいの量。

半ラーメンのアップ

「3/4ラーメン」くらいでないかい?です。

味むらでは、デフォのラーメンは「背脂系」で、ドロドロなのですが、ギョーザセットのラーメンは昔ながらのスッキリスタイル。

こちらのお店は、背脂よりこっち系のラーメンのほうが似合ってると思います。なので、単品だと塩ラーメンを頼むことが多いかも。あと、個人的には、チャーハンに「ウスターソース」がついてくるとこが妙にグッとくる。

ご夫婦の仲難しい、いや違います、仲睦まじい姿がとても好印象で、「愛」を感じるお味。決して洗練されているわけではないのですが、「人情味」という味わいがプラスされた良店です。

まだ確信は持てないので仮説なのですが、「入り口がふたつあるお店は美味い!」と薄々思っていて、そういえば味むらも入り口がふたつあるんだよなぁ~、ということを付け加えつつ・・・

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:新潟市南区西白根2681

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。