ユキヒロックの3分クッキング / フルーツトマトの酢漬け

季節外れですみません!なにせ、半年遅れの記事なので昨年の夏のこと。

フルーツトマトを沢山貰ったので、酢漬けにしてみました。

フルーツトマトの酢漬け2016-08-18 025

写真だけみると、甘~い「シロップ漬け」みたいですね。

♪フ~ル~ツトマト 甘いか~ 酸っぱいか~

そんな童謡は、、、どうよ?

用意するもの

  • フルーツトマト(プチトマトとの差がいまいちわからない)
  • 容器(瓶でも、タッパ?タッパーでも良いかと・・・)


作り方

  1. 皮むきの為に、フルーツトマトをサッと湯通しする。
  2. 適当な容器にそのトマトを入れ、ヒタヒタになるまで酢を入れるッス。俺、入れるッス。

以上。

赤色が映えるので、ちょっとした添え物としての役割に向いていました。

ちなみに、プラスチック製の密閉容器のことを、タッパとか、タッパーとかって呼ぶのは昭和感覚でしょうか?

ちなみに、「タッパー」って人の名前なんだそうですよ。

タッパーウェア社の同社の創始者アール・サイラス・タッパー(Earl Silas Tupper : 1907年〜1983年)の名に由来し、タッパーやタッパーウェアという名称は同社が製造しているプラスチック製の容器の商品名として商標登録されている。したがって同社以外のプラスチック製の密閉容器全般をタッパーやタッパなどと呼ぶことは厳密に言えば正しくないが、一般にはしばしばそのようにも用いられる。
1980年代後半に日本で「タッパーと呼べるのはタッパーウェアだけ」のメッセージを添えたテレビCMが流れていた。
 Wikiより

ちなみに、ちなみに・・・

あの「サランラップ」も、ふたりの名前を合わせたものなんだそうです!

「サランラップ」という名称は「サラ(Sarah)」と「アン(Ann)」という人名が由来となっています。
サランラップの元となるラップフィルムは、元々食品用ではありませんでした。
戦地でジャングルを行進する兵士を水虫から守るための靴の中敷きや、銃や弾丸を湿気から守るために使用されていた包装フィルムを、商品開発のきっかけとなったラドウィックとアイアンズの2人の妻・「サラ(Sarah)」と「アン(Ann)」が、ある時ピクニックにレタスと包んで持って行ったことから食品包装用ラップとして販売することになり、2人の名前をとって「サランラップ」と名付けられました。

軍事用だったと言うのも意外でしたね。

さぁ~、めしあがれ。。。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。