燕市 酒麺亭 潤 燕総本店 中華そば&半チャーハン(ミニサラダ付) / 背脂界の風雲児!

酒麺亭 潤2016-08-24 007

「燕背脂ラーメン」の中では、「若手」のホープだったのが、いつの間にか県外いや、海外にも知らしめる中心的な存在になっていますよね。

燕背脂ラーメンとひと啜りに・・・いえ、ひと口に・・・言っても、元祖の「福来亭・杭州飯店」からの流れ「直系背脂」と、自分は「食堂系背脂」と呼んでいる、市中の食堂がお客さんに言われて背脂を入れ始めた感じの「食堂系背脂」流れがあると思ってるのですが、らーめん潤は、「食堂系」を独自に発展させた「ニューウェーブ系背脂」と評しております。確か?「まつや食堂」と親戚関係にあったと思うので、なおのことそう感じるのかもです。

※詳しくは、大盛り研究所 / 新潟五大ラーメンしらべ・燕背脂ラーメンの巻 をご参照ください。

酒麺亭 潤2016-08-24 011

直系背脂と比べますと、麺が「中太」と言っても過言ではないと思う、丸っこい麺。

煮干し&豚骨ベースのスープは、やや甘めで、動物系の方が勝ってる印象。その甘めのスープに辛味のあるシャキシャキ「玉ねぎ」が合いますね。

特筆すべき、「潤」最大の特徴は「岩のり」と思います。

燕背脂ラーメンに「岩のり」を入れたのは、こちらが元祖ではないでしょうか? 初めてでなくとも、広めたと言う意味ではコチラの功績でしょう。しかも、背脂と岩のりがこんなに合うなんて・・・ケミストリーですね。

「酒麺亭」と書いて、「しゅめんてい」・・・ 潤の「燕総本店」だけありまして、背脂中華そばに終わらず、中華料理を全般に網羅したメニュー構成で、夜はまさしくお酒の「呑み処」としても良いですね。

平日のランチであれば、中華そば+半チャーハン(ミニサラダ付)がお得でオススメ。800円台だったと思います。

酒麺亭 潤 昼の半炒飯セット830円 2016-08-24 014

酒麺亭 潤2016-08-24 013

好きなタイプのチャーハン。

酒麺亭 潤2016-08-24 009

チャーハンは「半」と言うより、「ミニ」な感覚と思うくらい、「もっと食べたい!」・・・でも、サラダが付いてくるので、なんかバランスが良い気がします。

「バランス?」

大油にしてるから、確実に油分「過多」ですぜ、旦那。・・・これがホントの「油過多ブラ(アブラカタブラ)」で~す♪

「で~す♪」 じゃないわ~い。

ちなみに「アブラカタブラ」と言う呪文は、アラム語の「abhadda kedhabhra」が語源と言う説があり、英語にすると「Disappear like this word」・・・(この言葉のようにいなくなれ)と言う意味になるとのこと。

「アブラカタブラ!」・・・・俺の脂肪も無くなればベリーベリー助かりマウス。チューチュー♪

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市大字小牧464-12

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。