長岡市 相馬の麺処 伊織 塩中華そば / お店は何を食べさせたいか?を瞬時に把握する術だニンニン。

「相馬の麺処 伊織」は、福島県の相馬から避難されてきた方が、長岡で開いたお店。

ということで、とても応援したい気持ちいっぱいで、訪問いたしました。北陸自動車道長岡IC近く、驚安の殿堂ことドン・キホーテ長岡インター店のほう、ってホーテ (^_^;)

伊織の外観(2016年8月)

華やかなのぼり。時期的に(2016年夏のことなので・・・)、ざるそば、ざるうどんに、生ビールも。店内のメニューを見ると、カツ丼などのご飯ものや、おつまみ系も充実してました。

さて先日、拙者が会得した忍法のことを書いたでござるが、実はもうひとつ、忍法「お店は何を食べさせたいか?を瞬時に把握する術」というのも使えるのでござるよ。

この術を使うと、メニューを見ればたちどころにお店のイチ推しが分かるのでござるニンニン。そして、導かれた答えは・・・

伊織の塩中華そば

「塩中華そば」だったのでござるよ、ニンニン♪

メニューのラーメンの部を見ると、デフォの中華そばに続いて塩中華そばがあって、「塩ラーメン」としてもいいのにわざわざ「塩中華そば」になってて、「塩味の中華そば。スープの旨みを堪能してください」の効能書き。そこに拙者、ピンッ!ときたでござるニンニン。

(忍法でもなんでもねーじゃん! メニュー読んだだけやん!)

感想はというと、「ちゃんとした」一杯。結構、好みです。

玉子が半熟とか煮玉子でなく、しっかりと「固ゆで」なところにも実直さをうかがえます。実は「ゆで玉子ウエルカム派」の昭和生まれの者です。

塩といえばこの前、バンドのライブの打ち上げで、このブログを読んでくれているというバンド麺、いえ、バンドメンとお話する機会があって。

「ラーメンは醤油か味噌しか頼まないんですよねぇ~」って話になって、「塩やつけ麺って、なんか損した気分なんです!」ということで。

激しく賛同。「確かに、そういう気持ち・・・、とても分かります!!」でした。

自分は、数年前まで「つけ麺はラーメンの仲間に入れてあげない!」と公言していたのですが、よくよく考えると、それも「損した気分」だったからだ、と気づきました。目からウロコ、鼻から牛乳 (^^ゞ

ただ、もしも「究極の塩」とか(「至高の塩」でもいいけど)、「塩王に!!! 俺はなる!!!!」みたいなラーメンがあったなら、やはりそれは食べてみたい。見つけてみたい、出逢ってみたいのです。

つまり、「損するかも」という予測と、「究極かも」という期待と、同時に持って頼まれるのが塩ラーメン。否が応でもハードルは高くなる。その意味で、ハンデを背負った、いや、背負わされたラーメンでもある、と思うのです。

スタートから不利になってしまう塩ですが、伊織の塩中華そばは、「ちゃんとした感」にとても好感を持てました。

そして、わざわざ忍法まで使ったのに、最終的に「次回はカツ丼も良さそう~」という結論も持ちつつ、持ちつ持たれつ・・・。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市南七日町73-8

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。