長岡市 相馬の麺処 伊織 塩中華そば / 瞬時にお店は何を食べさせたいか?を会得する術だニンニン。

「福島県の相馬から避難されてきたご主人が、長岡で開店されたお店」と言うことで、とても応援したい気持ちいっぱいで、伺わせていただきました。

長岡インターの近くの「驚安の殿堂ドン・キホーテ」の方って、、、ホーテ。(^_^;)

長岡 伊織 2016-08-26 004

お店の華やかな幟を見ていると、「ざるそば」などもあるようです。店内のメニューには、蕎麦、うどん、案外、、、カツ丼などのご飯物も充実してて、更に「おつまみ」系の充実してました。なので、生ビールの幟なんですね。

メニューから「瞬時にお店は何を食べさせたいか?を会得する術」と言う忍術を使うものとしてニンニン、導かれた結果はニンニン♪

長岡 伊織 塩2016-08-26 001

・・・「塩」だったのだ、ニンニン。

メニュー表には「中華そば」の隣に、わざわざ「塩中華そば」とあって、「塩味の中華そば・・スープの旨みを堪能してください」の効能書きに、ピンッ!と来ました。(忍術でもなんでもねーじゃん!メニュー読んだだけやん!)

そう言えばこの前のLIVEの打ち上げで、ブログを読んでくれているというバンド麺・・バンドメンとお話する機会があって、「醤油」か、味噌らーめんしか頼まないんですよねぇ~」・・・と言う話になって、「塩と、つけ麺って何か損した気分なんです!」と言う理由に、、、激しく賛同したのですが、確かにそういう気持ち・・・「とても、わかります!!」でした。

数年前まで、「つけ麺は、ラーメンの仲間に入れてあげない!」と公言していた自分も、よくよく考えると「損した気分」だったことに気が付きました。目からウロコ、鼻から牛乳でした。(^^ゞ

ただ、もしも「究極の塩(至高の塩でもいいけど)」とか、「塩王に!!! 俺はなる!!!!」みたいなのがあったなら、やはりそれは見つけてみたい、出逢ってみたいのです。

そういう意味では、「塩」への期待度は否が応でも、海賊王でも高いハードルからスタートしてしまうと言うハンデを背負った、いや、背負わされたラーメンでもあると思うのです。

そういう意味でも、こちらの「塩中華そば」の「ちゃんとした感」は、とても好感が持てる一杯でした、結構好みです。「半熟」とか「煮玉子」でなく、しっかり「ゆで玉子」なところに実直さが伺えます。実は「ゆで玉子ウエルカム派」の昭和生まれの者です。

せっかく忍術まで使った割に、最終的には次回は「カツ丼も良さそう~」という結論も持ちつ、持たれつ・・・

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市南七日町73-8

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。