見附市 喜多方ラーメン 蔵 見附店 / 唯一生き残るのは、変化できる者である。

「大盛りガンバレ! 大盛りガンバレ!」

・・・今日は、園児たちの健気な選手宣誓から始めてみました。

株式会社キタカタのフランチャイズな、「会津喜多方ラーメン 蔵」。

蔵見附店の外観(2016年9月)

豚骨の「一龍」「風伯」、柿フェノール麺の「無尽蔵」といったラーメン店もキタカタがフランチャイザーですが、蔵は初期の形態で、歴史が長いですね。

「一龍」の次か、同時期くらいに展開されてたと思います(注:文末の追記もご覧ください)。見附店も20年近く? いえ、20年以上やってるかもです(♪もしかしてだけど~ もしかしてだけど~)。

実は開店当時から結構好きなお店で、定期的に食べたくなるなるラーメンなのです。「家族でラーメン」ってことになると、かなりの頻度で利用していました。うちの子供たちは、おそらくこのラーメンの味がデフォになってるかも知れません。

こちらでは、「喜多方ラーメン」が自分の定番セレクション。 630円(かな?)。

蔵見附店の喜多方ラーメンとライス

建物の外観や内装は開店当時から変わりませんが、味のほうはかなり変わりました。

昔はスープの濁りが今より少なめで、もう少し黄色っぽくて、油がもっと浮いていたように記憶しています。

さやえんどう、ナルト、メンマ、ネギといった具材たちはそんなに変わってないように思うのですが、チャーシューはもっと大きく、脂身も多くてトロトロ、枚数も多かったような印象。

麺は、平縮れ太麺と細麺を選ぶことができて、私は喜多方ふうの太麺にすることがほとんどなのですが、昔はもっと太く、縮れも強かったような。

現在のは、「これを『喜多方ラーメン』と呼んでもいいのだろうか?」というところまで来ているような気がします(過去記事もご覧ください)。

けど、これはこれで、喜多方ではないと思えば、煮干しと豚骨のWスープ的な感じで、現代っぽいちゃー、ぽい。現代寄りに進化している、とも言える。のかな?

この独自路線、ここ数年で加速して、目を見張るほどの変化・・・ですよね? 時代に合わせて変わっていくことは、やはり進化と呼ぶのでしょう、きっと。「適者生存」です。

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。

これは進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの言葉とされていますが、本の中とかには見当たらなくて、どうも後世の創作らしい。でも、説得力ありますよね。なるほどね~、って。

そんな蔵見附店ですが、大盛りにすると食べ応えがあるのも魅力。値段は160円増しではあるものの、麺二玉でドンブリも大きくなります。

あと、平日ランチタイムは、半ライスと漬物がサービスになるのでお得です(上の写真にもしれっと写ってますw)。月水金は餃子半額200円、ってのもグッド。

国道8号沿いですが、分離帯があるので下り(長岡方面)からは直接入れません。ご注意くださいませ。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:見附市上新田513-1(喜多方ラーメン 蔵)

追記:キタカタの公式サイトによりますと、蔵の開店は一龍よりも早くて昭和63年(1988年)、一龍の開店は平成7年(1995年)とのことです。・・・すいません。

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 実はおいらも時々寄ってますw
    喜多方ラーメンを細麺で頼むことが多いのですが、デフォの太麺で
    頼んでも、「これの一体何処が喜多方ラーメン?」と思っているのは
    内緒ですwww

    でも、いつ行っても丼まで熱く暖められ、舌を焼く程のスープの熱い
    ラーメンは大好きですねー!
    キタカタフーズのFCって結構自由なんですかね?結構自由奔放にやっている感じが素敵ですwww

    1. 「喜多方に・・・きたかった~♪」 ・・・すみません、言ってみたかっただけです。(^_^;)

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。