三条市 さんぽう亭 三条四日町店 全とろ麻婆麺 / 新潟凱旋、ぴりりと辛い東京ラボの味。

嵐南バイパス沿いの、「さんぽう亭 三条四日町店」。

さんぽう亭三条四日町の外観(2016年10月)

例によって半年前、2016年10月のことなので、秋晴れなのです。

三宝亭は東京にも進出していて、中目黒に「新潟三宝亭 東京ラボ」があります。そこで人気を博しているのが、「全とろ麻婆麺」と「酸辣湯麺」。どちらも東京ラボ限定。

それが、2016年春に「東京ラボフェア」が開催されて、期間限定ですが県内の三宝亭各店でも食べられるということで、すごく話題になってましたよね。

が、しかし。実はその時、食べそびれてしまい‥‥。今回、ようやくいただくことができました。

「全とろ麻婆麺」です。

さんぽう亭三条四日町店の全とろ麻婆麺

ちなみに、春のフェアでは何で食べそびれたかと言いますと‥‥。

まー、ボーっとしてました。まーぼーっと、麻婆っとしてました。(^_^;)

名前どおり全体にトロトロの麻婆あんがかかって、スープがJELLY→状。

全とろ麻婆麺のアップ

いえ、それは清春プロデュースのバンド。スープがゼリー状、というよりむしろ麻婆あんオンリーで、いわゆる「汁なし麻婆麺」チックですが、緩めのあんが大量にかかって汁そばチックに(結局どっちやねん)。

辛さはちょうどよい感じ。国産小麦100%を謳う自家製の麺は旨しスでクライシス。

全とろ麻婆麺、「かなり本格的で美味しい!」との前評判でしたが、その通りでした。かなり本格的で美味しかったです(大事なことなので2回以下略)。

パクチー増しのオプションと、半ライスを付けて麻婆オンザライスすると、本格的が2倍3倍になる仕様。‥‥頼まなかったですが。みなさんご存知の通り、少食なもんでw

お値段は、東京ラボでは1000円だったのが、新潟凱旋では800円。消費税は別ですが、価格的にもお得感ありますよね。

というわけで、何度も言って申し訳ないのですが、三宝亭さんにはもう少し手加減していただかないと。地場のラーメン店さんも困ってしまうのではないでしょうか?

ちなみに、麻婆麺って新潟市にあった「広東飯店」が発祥で、「冬に暖まれるメニューを」ということで考案されたのだそうです。

新潟の 冬に染み入る 麻婆麺

急に一句詠んでみたりして。広東飯店は閉店されましたが、県内各地でお弟子さんがお店をやっていますよね。中華料理店ですがインドカレーでも有名で、その味は三条の「華園」にも受け継がれています。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市南四日町4丁目7-56

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。