佐渡市 こだわりラーメン 出世街道 フジツボ塩ラーメン / あんた! 実はシェル系じゃなかったのね。

(予期せず)手ぶらで行った佐渡 ミステリーツアーの続き。

お昼は、たぶん私に合わせてくれて「ラーメン」でした。

そしてこれが「スゲい!」お店でした。どこが「スゲい」かと言いますと・・・とても佐渡のラーメン店ではないレベルだったんです。「東京の人気なお店」って言われても、全然 違和感のないバラエティーに富んだメニュー構成で、しかも味もなかなかハイレベルなんです。ほんと良い意味で「全く佐渡らしくない」んです。

逆に言えば、その必然性がわからない・・・なんだけど、味はどれも凝ってて美味しかったです。

まずもって、た~まげたのは、「鬼煮干しラーメン?」だったかな?そんな名前の超ドロドロなラーメン(仲間が食べたので一口もらったけど・・・)

佐渡 出世街道 鬼煮干し2016-10-09 067

同じ鬼でも燕市の「鬼にぼ」より濃厚でポタージュみたいな重さのある粘着質の超濃厚煮干し豚骨スープ。絡みつく極太平縮れ麺。こりゃー腕の立つ、凄いお店に来たな!と思いました。佐渡には製麺店がひとつしかないとのことですけど、こちらのお店は東京や北海道から麺を取り寄せてるらしいです。このメニューは期間限定だったみたいです。

レギュラー・メニューの中でお店イチオシ!看板メニューは「亀の手 醤油ラーメン」と「フジツボ 塩ラーメン」っぽい雰囲気をビシビシ感じました。レギュラーメニューと言えど、土日祝日のみの限定メニューのようです。所謂「シェル系」とかって呼ばれる「貝出汁ラーメン」になるんでしょうか?

私は「フジツボ塩ラーメン」をコインランドリー・・・違った洗濯・・・イエ、選択。

佐渡 出世街道2016-10-09 07

私がいただいた、フジツボ塩ラーメンの図。

とても好みのルックス。味もグー。知ってました?フジツボって実は生物学上「貝」ではなく、エビや蟹と同じ「甲殻類」なのだそうです! 驚きですね。なので正確には貝じゃないから「シェル系」でなく、「エビラーメン」とかの方に近いのかも?

更にインパクトのある「亀の手醤油ラーメン」。

佐渡 出世街道 亀の手 2016-10-09 070

磯で見かける「亀の手」と言う「貝」みたいなヤツ・・塩ゆでにして、爪みたいな部分を折って食べると言うか、啜ると美味しいですよね? あ、亀の手もフジツボと同じく「甲殻類」なのだそうです。

亀の手は、乾燥したものを使ってると書いてありましたが。そのせいか?生臭さとか特に感じませんでした。ほんと見た目は♪もしもし、亀よ 亀さんよ・・・の「亀の手」みたいな形の貝ですが、お出汁はとっても上品で美味しくってよ。(だから、貝じゃないんだってば! ああ、そうかい、そう貝。)

「佐渡らしさ」ってのは何かと問われればハッキリと答えられませんが、ほんと「佐渡らしくはない!」けど、、、なかなか、驚いラーメン店に出会えました。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:佐渡市中原208-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。