佐渡市 出世街道 フジツボ塩ラーメン / あんた! 実はシェル系じゃなかったのね。

予期せず手ぶらでの参加となった、佐渡ミステリーツアーの続き。

お昼は、たぶん私に合わせてくれてラーメン店でした。

その名も、「こだわりラーメン 出世街道」。

これが、「スゲい!」お店でした。佐渡のラーメン店とはとても思えなかったんです。

バラエティーに富んだメニュー構成は、「東京の人気ラーメン店です」って言われたとしても全然違和感がない。逆に言えば必然性が分からないんだけど、味はなかなかハイレベル。

まず最初に「た~まげた」(可能なら新潟弁のイントネーションでお読みください)のが、こちら。

出世街道の鬼煮干しラーメン

「鬼煮干しラーメン」。

だったかな? 違うかもですが、とにかくそんな名前。仲間が食べたのを一口もらったのですが、「こりゃースゲい! 腕の立つお店に来たなぁ!」と思いました。

超ドロドロなラーメンで、ポタージュみたいな重さのある、粘着質の超濃厚煮干し豚骨スープ。同じく「鬼+煮干し」ネーミングな燕の鬼にぼより濃厚。

そのスープが、極太平縮れ麺に絡みつく。佐渡には製麺店がひとつしかないとのことですけど、出世街道は北海道や京都・東京から麺を取り寄せてるらしいです。

この鬼煮干しは期間限定メニューだったみたいですが、レギュラーメニューの中で、お店のイチオシ・看板は‥‥?

それはおそらく、「亀の手醤油ラーメン」と「フジツボ塩ラーメン」。

どちらも土日祝日限定のようでしたが、それっぽい雰囲気をビシビシ感じました。いわゆる「シェル系」「貝出汁ラーメン」になるんでしょうか?

私は、こちらの「フジツボ塩ラーメン」をコインランドリー。違った、洗濯。いえ、選択。

出世街道のフジツボ塩ラーメン

とても好みのルックス。味もグー。

こちら「亀の手醤油ラーメン」は、さらにインパクト大。

出世街道の亀の手醤油ラーメン

「亀の手」は、磯で見かけるあの貝みたいなヤツ。

見た目はほんとに「もしもし亀よ亀さんよのお手々」ですが、塩茹でにして、爪みたいな部分を折ってかじると美味しいアレです。

説明書きには乾燥した亀の手で出汁を取ってると書いてありましたが、そのせいか生臭さとかは特に感じませんでした。上品なお出汁で、とっても美味しくてよ(お嬢様)。

そして、フジツボとカメノテの意外な真実。

知ってました? フジツボとカメノテって実はどちらも甲殻類で、貝の仲間でなく、エビやカニの仲間なのです!

生まれたばかりの頃はエビ・カニの幼生と同じ形で普通に泳いでたりしますが、成長すると岩に貼り付いて貝になるのだそうです。驚きですね。

「いや、だから貝じゃないんだってば!」
「ああ、そうかい。そうカイ、そう貝」

てことは、フジツボ塩ラーメンと亀の手醤油ラーメンは、正確には「海老系」とか「蟹系」? いや、英語だとエビやカニの甲羅も “shell” だから、やっぱ「シェル系」でいいのかな?

どれも凝ってて美味しかったです。ほんと、「まったく佐渡らしくない!」(いい意味で)

いや、「じゃあ佐渡らしさってなんなのさ」と問われたら、ハッキリとは答えられないのですけど‥‥。とにかく「スゲい!」ラーメン店に出会えました。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:佐渡市中原208-1 2017年9月にお店を移転されたそうです。

お店の住所:佐渡市河原田本町68-2(鮫鱈鯉 店舗内)

Twitter:@dagashiya39

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。