見附市 ひらせい生鮮広場見附店 手づくり日替弁当 / ピンク・フロイド風、原子心母なお弁当。

実は最近ひそかに「イイジャン! ヤルジャン!」と思っているのが、こちら。

ひらせい生鮮広場見附店の手づくり日替弁当(かきフライと白身フライ)

ひらせい生鮮広場の「手づくり日替弁当」です。見附店にて購入。

まんずまんず、左のシールのキャッチコピーが力強い。

手造り弁当! 惣菜屋
農家より直接仕入のコシヒカリ100%使用!!

「100%使用!!」という、感嘆符×2の自信。農協通さずに大丈夫かな?という、ささやかな不安。

右の赤いシールには、「新米」。

「新人さんが作ったお弁当」の意味ではありません。むしろ、たぶんベテランの手によるものかと。

フタ、オープ~~ン!

手づくり日替弁当・開封後

かきフライ2個に、白身フライ2切れ。カマボコ、昆布巻き、玉子焼き、ポテサラに白和えっぽいのにピンクの漬物。

そこに、炊き込みごはん。てか、かやくごはん? 新潟産コシヒカリの新米を、あえて炊き込む勇気。‥‥粋ですね。

ギッシリ詰まった中身、ズッシリくる重量感。具沢山・盛り沢山で、しかーも手作り。なのにお値段は、280円!

「カッコ税抜」が付くとはいえ、280円でこれだけの品数、そしてボリューム。作成者の意気込みを感じます。

これはもう、買うしかないでしょう? 食べるしかないでしょう?

いつやるか? 水曜どうでしょう? 小林製薬の糸ようじ。

(飛躍しすぎて、ついてけない)

コンビニのとはちょっと違う、ハハゴコロを感じるお弁当。ピンク・フロイドふうに言えば、「原子心母」なお弁当? それを作ってる方に、心からの感謝を伝えたい。ありがとう。って伝えたくて~~。by いきものがかり。

そういえば、今までちょっと勘違いしてたというか、知らなかったんですけど。

ひらせいホームセンター見附店の「食良品館」だと思ってたら、正しくは「生鮮広場」でした。

ひらせいの公式サイトによりますと、青果・精肉・鮮魚も取り扱うお店は「生鮮広場」と言うのだそうです。でも、お弁当の値段ラベルは「生鮮館」だったり(笑)。

そういえばそういえば。うちの奥さん超天然なのですが、ある日、「はらせいに行ってきます」ってメモを玄関に残していきまして。

「‥‥はらせい、ってナニ? ドコ? 新しいお店?」

帰ってきてからどこに行ってきたのか聞くと、

「いや、原信とひらせい」

(^_^;)

分かりづれーわ! なに勝手につなげて略してんだ! 若者言葉か、若者か!

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:見附市芝野町字赤田894番1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。