見附市 ざいごもん 昔ながらの中華そば / 2合じゃ足りず、4合は多い? 晩酌セット。

あの「渋食」の後に入ったお店、「ざいごもん」。

見附の渋食(しぶしょく)こと渋谷食堂は、「知る人ぞ知る?!」的な名店でしたが、数年前、急に閉店されてしまいました。ちなみに旧ブログの記事はこちら

渋食ロス。そのショックはあまりにも大きく‥‥。「アフター渋食」なざいごもんには、なかなか足が向きませんでした。

が、しかし。

結論から先に申しますと、なかなか良いお店でした。何が良いかと言いますと、こちら。

ざいごもんの「昔ながらの中華そば」(大盛)

「昔ながらの中華そば」。

お値段、なんと500円! しかも、大盛り無料サービス!!

味も悪くない! というか、基本的に業務用(?)プラスアルファで組み立てられてる感じ。だが、それがいい (*´∀`*)

いえ、むしろ好きなんすよ、既製品の味も。全然そういうのもアリですよ的な、中華そば。「昔ながら」って、つまり、ある意味そういうコトかと思います。

特筆すべきは、海苔の上のコショウ(崖の上のポニョ的なニュアンス)。

海苔の上にあらかじめ胡椒がのって出てくるラーメンって、昔からやってる感じのお店・食堂系のお店でたまに出会いますが、グッと来ます。

お店側の老婆心と言いますか、母ごころと言いますか、いい意味でお節介な感じが微笑ましい。「ほら、どうせかけるんでしょ胡椒? 最初からかけといてあげたから!」的な。

胡椒については、盲目的にラーメンにかける世代と、そうでない世代とが存在するような気がします。ある一定の年齢層が境界線で、そこではっきり分かれるのかもしれません。

それはさておき、ほんと、なかなかいい感じのラーメン(ってか中華そば?)なんです。渋食とは比べられないのですが、とても好感持てました♪

ざいごもんは、夜は呑み屋さんスタイルになるようで、看板にも「晩酌コース」が書いてあります。

ざいごもんの外観と看板(2016年11月)

この晩酌コース、千円で「酒3合か生ビール2杯、お通し付き」。

これって、呑兵衛の気持ちをなかなか分かってますよね。♪分かってる~、アイフル~。

日本酒なら2合じゃ足りず、4合は多い気がする。生ビールも、中ジョッキならやっぱ2杯は欲しいところ。

まあ、もう一杯くらいは飲んじゃうでしょうけどね、せっかくだし (^^) もし家の近くにあったら、ちょっと飲みに行きたいな。

そういえば、最近の我が家。ようやくBSを見れるようになったのです。てか、見れるようにしたのですが。

最初こそ「やっほーい!」と喜んで、気合いを入れて見てたものの、一ヶ月くらい経った現在では‥‥。

けっきょく南極大冒険(笑)、「おんな酒場放浪記」くらいしか見てない。

吉田類さんが呑んでるのもいいけど、どうせ見るなら綺麗どころのほうがいいよねぇ~。

酒場という聖地へ
 酒を求め、
  肴を求めてさまよう…

あんなふうに、楽しく呑み歩きしてみたいですぅ~♪ ユキヒの酒場放浪記、スポンサー募集中!

‥‥まー、ラーメン放浪記みたいなのをずっとやってるわけですが (^_^;)

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:見附市新町3丁目5-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。