長岡市 麺縁 ジョウモン 豚しお / チャーシューいっぱい、インスタ映えするイマドキラーメン。

長岡の「けんちゃんらーめん」の閉店からしばし。外壁もブラックに塗り替えて、新しいお店になっていました。

麺縁ジョウモンの外観(2016年12月)

以前は白い壁でした。随分と印象が変わるもんですよね。

「麺縁 ジョウモン」。

メンミドリ、ジョウモン‥‥。てことはもしやクロレラ麺のお店? かと思いきや(誰も思わねーわ!)、「緑」でなく「縁」でした。

メンエンと読むようです。勘違いして、ごめエンなさい!(それが言いたいだけじゃんな)

ジョウモンのほうは、食べログによりますと「縄文」でなく「上物」の意、だそうです。

長岡といえば「火焔土器」なので、もしかして縄文とかけたダブルミーニングで、だからカタカナ表記なのかも? と、推測してみたりしてキタけど、違うのか‥‥。

♪縄文土器~ 弥生土器~

またレキシを歌い上げるパターン。「やよい」の次の記事が「ジョウモン」という、ね‥‥。順番逆だから、これがほんとの時代錯誤?

「そういうニクいこと時々するのよね、ユキヒロックって。この~、肉いね肉いね!」

(まー、偶然なのですが‥‥)

ジョウモンのラーメンは、大きく分けると3種。「背脂とんこつスープ・塩」「清湯スープ・塩」「清湯スープ・醤油」とあります。

素直に、一番プッシュされてるようだったのをいただくことにしました。こんな時だけ従順。

麺縁ジョウモンの「豚しお」

背脂とんこつスープの「豚しお」です。底が細くなってる白いお洒落ドンブリ。

上から見た図。

豚しおのアップ

チャーシューがいっぱいで、なかなかのルックス。イマドキの言葉だと「インスタ映えする」ってやつ?

味も上手にクセなくまとめられて、イマドキ感あります。

麺は、博多ふうと比べると中細? 黄色くモチモチした、水分多めな食感。背脂+白濁豚骨+塩のスープは、ちょっと泡立ち系。どこかで赤シャモジも意識されてるとかかしら?

次回は、清湯スープのも食べてみたいです。醤油のほうかなぁ~、醤油好きなので♪

でも、券売機では背脂とんこつの食券が一番上にあって、清湯・塩、清湯・醤油と続くので、お店としては塩のほうをプッシュしてるのかも。

‥‥う~ん。リンダ、困っちゃう~♪(リンダじゃないんだけんどもね)

なお、けんちゃんらーめんは朝9時半からやってて(だったと思う)、朝ラーとまではいかなくても早めでしたが、ジョウモンの営業開始は朝11時からと普通みたいです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市大島本町5-109-15

Twitter:@menenjoumon

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。