燕市 食じ処 龍園 週替りランチ(生姜焼き定食) / 帰りには、いつものお薬を処方されました。

諏訪八幡神社向かいの「龍園」a.k.a. 「赤い彗星」。

燕 龍園 2016-12-08 004

以前と経営は変わりましたが、建物やメニューなどは引き継いでます。

いただいたのは、お得な「週替りランチ」。

龍園の週替りランチ・生姜焼き定食

この日てか週は「生姜焼き定食」でしたので、これにしました。850円に(たぶん)ライス大盛りでプラス100円。

ご飯と漬物と冷奴は、和食な雰囲気。ですが、器は白無地で、中華料理っぽさを醸し出します。

そして何より、スープが中華。

かきたまスープが、「吾輩は中華料理店である」と主張しております。これがジンワリと「‥‥旨し!」です。

中華なお店の、生姜焼き。

生姜焼きのアップ

お肉と一緒に焼かれてるのは、細切りのタマネギ&ピーマン。シャキシャキな炒め具合は、中華の技術でしょうか?

千切りキャベツもタップリ。中華料理店だけに、「中国四千切りキャベツ」?

ちなみに、日本で「中国四千年の歴史」と言われることが多いのは、明星中華三昧のコピーの影響だそう。現在の中国では、愛国主義の高まりなどもあって、「中国五千年の歴史」と主張されてるみたいです。

でも、五千年説は新石器時代から数えるらしくて、そうなるともはや「人類の歴史=中国の歴史」アルよ! (^_^;)

‥‥大盛り研究所のメイちゃん、元気かな~? 久しく見てないなぁ~。

「呼んだアルか?」

メイ:♪誰が呼んだか、誰が呼んだか、銭形メイじ~、アルよ!! お前ら、元気だったアルか? 私はバリバリ元気、バリバリ伝説アルよ~!! 再見、また逢う日まで!

所長:やあ、わしも忘れんでくれ。尾崎紀世彦じゃ。いや違った、所長のユキヒ☆ラボじゃよ。近いうちにまた会いたいの~。

えーっと。いずれまた出てもらいましょう、二人には。

龍園の話に戻しますと、「当たり」でした。生姜焼き定食、なかなか良きかな。

帰りには(綾波)レイのお薬を処方していただき(先回の記事参照)、「お大事にどうぞ♪」です。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市杣木3183

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。