明星 一平ちゃん カラムーチョ・すっぱムーチョ / 湖池屋と、まさかのコラボ作品。

最近の「ペヤング」の攻めてる感じより、「明星 一平ちゃん」の斜めいく感じの方が、とても・・・心配だったけど、湖池屋とのコラボであれば、そんなに酷いことはないだろうと思います。

・・・「酷い」って言うな!(笑)

カラムーチョ2016-12-22 007

案の定、カラムーチョは辛うまい。

すっぱムーチョ2016-12-22 001

すっぱムーチョはもっと酸っぱくても良いかなぁ~ってくらいでおとなしめ。

いずれも、無難にまとまってました。えーっと、問題ありませーん。

(*´∀`*)

湖池屋のカラムーチョって、発売からもう30年超だそうです。1986年頃の激辛ブームの火付け役とも言われてるそうです。確かにお菓子って甘いか、塩っぱいはあっても「辛い」の発想は斬新だったと思います。

激辛ブームと言えば、「カネボウフーズのカラメンテ」と、「エースコックのカライジャン」・・・大好きで、よく食ってました。また食べたいなぁ~♪ 最近、ちょっと激辛ブーム再燃の兆しもあるので、復活希望っす。

誰からも頼まれていませんが、カラムーチョと、すっぱムーチョのキャラクター・・・お婆ちゃんの名前などを調べてみました。

湖池屋のHPより

ヒーおばあちゃん
名前:森田トミ
生年月日:1877年3月3日生まれ(西南の役の年)

1984年9月、スティックタイプのカラムーチョが発売されました。当時、辛い味付けのポテトチップスはなく、「こんなに辛いものが売れる訳がない。」「女性や子供はこんなものを食べない。」と、なかなかお店に置いてもらう事ができませんでした。
しかし、当時急速に数を増やしつつあったコンビニエンスストアに置いてもらえるようになると、若者を中心にクチコミが広がりすぐにNo.1商品に。 そして1986年に激辛ブームが到来!カラムーチョは激辛ブームの火付け役と言われさらに大ヒットしました!
そして、皆様に愛され続けたカラムーチョは、今年30周年を迎えることができました!

カラムーチョ

ヒーヒーおばあちゃん
名前:森田フミ
生年月日:1853年6月3日(嘉永6年・ペリー来航の年)

もともとはカラムーチョを食べて、辛かったので
「ヒーヒー」言ったことがきっかけで、こう呼ばれるようになりました。
今ではすっぱムーチョのキャラクターとして、パッケージでいろいろな服装をして、盛り上げています。

「チョイ・チョイ・チョーイ!」

ってことは、150歳くらいジャン!オバケなの? シックス・センスなの?ちょっとナンセンスですな。(^^) なんて、辛口なことを言ってみたりします・・カラムーチョだけに~?

ごちそうさまでした。。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。