長岡市 にぼし中華 廣はし 濃厚煮干しそば / “What’s Going On?” と聞かれたら、勧めるお店。

長生橋のたもと、大島本町側。

喰拳 → 円満 → 廣はし ← イマココ

ってやつでしょうか。喰拳の前って、なんてお店でしたっけ? 黄色と赤の看板で、その印象が強く残ってますが、思い出せません。

でも、みなさん繁盛して、新店舗へ栄転していく。出世魚的な店舗、縁起のいい場所ですね。

「にぼし中華 廣はし」になってからは、和風な無垢板張りの外観にリニューアル。

にぼし中華廣はしの外観(2016年12月)

蕎麦屋さんとか寿司屋さんとかみたいで、とても美味しそう♪

ラーメンについて「ワッゴーイノン?」と聞かれたら、最近はこちらをお勧めしております。

“What’s going on?” by マーヴィン・ゲイ。邦題は「愛のゆくえ」。

♪マーザマーザ~(そこしか歌えないっていう‥‥)

ちなみにこの曲、「自分の好きな曲ベストテン」ってのがあったら確実にランクインすると思われるくらい、好きです。

いただいたのは、「濃厚煮干しそば」。

にぼし中華廣はしの「濃厚煮干しそば」

もう、見た目で(横山)ノックアウト!

スープは、煮干しが濃厚というより、動物系の白濁ドロドローンな醤油味。ポタージュチックな、まとわりつく系(なんやそれ)な感じ。

新潟市東区の中華そば石黒に少しだけ似ているなぁ~、というのがマイファーストインプレッション。でも、よくよく味わいますと、だいぶ「スイーツ」です。

豚とかの甘さ? 鶏かな? いや、鶏は使ってないのかい? 野菜? 白い魔法の粉? ‥‥そのへんはよく分かりませんが、とにかく「すっごい甘いスープ」でした、いい意味で。

「いい意味で」ってのも甘いスープが好きなら、ってことになるかもですが、でもね、美味しい! 久しぶりに一人で唸りました。

後日、白濁していない「あっさりそば」と、ハーフハーフな「中華そば」も食べてみましたが、やっぱり濃厚煮干しそばのほうが好きです。うまいは甘い、ですよね? 

見附にあった頃の碧空麺舗は甘くはなかったけど濃厚豚骨だったので、それを彷彿とさせる感じもちょっとあって、メンポリアン(碧空麺舗ファン)にとってはどこか懐かしくなるようなラーメン。ほんと嬉しい。

瞬く間に人気店になって、休日や繁忙時間帯には行列ができるようになったのも頷けます。

噂によりますと、だるまや系とご縁があるとか。そういえば、中華そば石黒もだるまや系(万人家の出身)だったと思います。

あと、当初、「廣」を「横」だと思い込んでました。‥‥お恥ずかしい。

この思い込みってのがなかなか恐ろしいものでして、以前は「‥‥えーっと、よ、よ、よこはし。じゃなくて、ひろはし!」って感じでしたわ。最近、ようやくスラスラ言えるようになりましたが (*^^*)

ごちそうさまでした。。。。。(出た! 久しブリックに丸5つ!)

お店の住所:長岡市大島本町2-11-24

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。