長岡市 拉麺 いち正 / 背あぶらなコク醤油、シャア専用ダブルスープ?

宮内駅の周辺エリアは、なかなかのラーメン激戦区。

青島食堂といち井を筆頭に、潤、飛雄馬、土佐屋‥‥。タイプの違うお店が多くて、悩みます。うれしい悩みなのですが。

その中から今回選んだのは、「拉麺 いち正」。

自分で言うのもなんですが、かなりシブい選択ですね。たのきんトリオなら、ヨッちゃん的な? シブがき隊ならフックン、イモ欽トリオならフツオですな。

拉麺いち正の外観(2017年1月)

赤い彗星、でなくて、赤い外壁です。日焼けしたせいか?ピンキーになってますが、そこがまたシャアザクっぽい。「坊やだからさ」っすね (^_^;)

むかーし、一度、うかがった記憶がありますが、何年ぶり? 何十年ぶり? かもしれません。

というわけで、基本と思われる「らーめん」をいただきました。大盛りです。

いち正のらーめん(大盛り)

醤油で太麺。メニューには極太と書いてましたが、そんなに太くはないです。(すいません、勘違いしてました。極太麺なのは「極太らーめん」のほうでした)

安定感といいますか、安心感のある味で、全体に実直な印象です。逆に言えば印象薄かもしれません。でも、そういうラーメンこそ長く愛されるのだと思います。

背脂が浮いてますが、燕背脂ではもちろんありません。「魚介系スープと動物系スープを合わせたダブルスープに、背あぶらのコクを加えました」と、メニューに書いてありました。

中華そばってのもあって、こちらは「背あぶらを加えないちぢれ細麺」「あっさり派向け」だそうです。つけ麺や塩らーめんもありますが、味噌はないみたい。

食べながら、フツフツと蘇ってきた記憶。いち正で以前いただいたのは塩らーめんで、ゴマが浮いてたような‥‥?

次回は、塩を食べてみたいと思いました。ゴマすりじゃないですよ (^o^)>

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市要町1-10-30(拉麺いち正)

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。