三条市 西川屋 半ラーメン・半チャーハン / 気分は、だぼだぼソース炒飯。

栄町 西川屋2017-01-21 007

三条市、旧・栄地区のJR帯織駅 近く「西川屋」。

駅前食堂(と言うか、少し駅の横の方なので、駅横食堂?)な感じで、地元の出前、ちょっとした宴会などにも対応してくれるお店です。

栄町 西川屋2017-01-21 001

昔は「ミソラーメンが美味。」ってことだった記憶ですが(旧ブログの記事)、今は定食などキチンと普通に美味しい(良い意味で)・・・な、駅前食堂と思います。

しかも、麺類を頼むと小ライスがサービスで、定食系は、ご飯のおかわりが無料。

40過ぎて尚、食べ盛り・育ち盛りな僕・・・などには、うってつけ。(^_^;)

今回はラーメンもチャーハンも両方食べたい人にはうってつけのセット。 「半ラーメン、半チャーハン 700円」にしてみました。

栄町 西川屋2017-01-21 002

まず、半ラーメンのドンブリがキュート!丁度良い可愛さ!

栄町 西川屋2017-01-21 003

ラーメン自体も、出過ぎず・引っ込み過ぎず・・・(良い意味で)ほどよいラーメンの味。

栄町 西川屋2017-01-21 004

特筆すべきは、チャーハン! なんと、ソース味! ・・・わー、懐かしい♪

小学生の頃、友達の家に遊びに行くと、ソース炒飯を作ってくれる家があって、結構ハマった思い出があります。

幼少の頃の我が家の炒飯と言うか、焼き飯は「醤油味」だったので、「ソース」の炒飯が新鮮で物珍しく、しかも簡単なので真似して作ったりしてました。
でも、家には「とんかつソース」しか置いてなくて、「ウスターソース」をわざわざ、どうしても買ってもらったような気がします。

・・・大人になって、スッカリ忘れていました。

時々、お店でソース味の炒飯に出会うと、ちょっと感傷に浸るような気持ちになります。

近くで、ソース味の炒飯ってことで思い出すのは、旧・味方村の「味むら」の炒飯がソース味(旧ブログの記事)。・・・しかも、ソース自体も一緒に出してくれるので、「足しソース可!」気分は だぼだぼソースですね。(ソーッスね!)

気分は、だぼだぼソース炒飯・・・お試しあれ。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市帯織3898

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. ユキヒロック様、お疲れ様です。
    ソース味の炒飯… ホントに懐かしい味ですよね。
    炒飯というより焼き飯って呼び方の方がしっくり来るかもしれません。

    私が子供の頃は食堂で食べる注文品の中に、炒飯という選択肢はありませんでした。
    炒飯とは家で残った飯を使って、母親が作ってくれる食べ物が炒飯だと思っていましたからね。

    昔は醤油よりもソースのほうが高級品だと思い込んでいました。
    加えて、昔の食堂メニューは麺類、丼物などが単品で分かれていて、セットメニューは無かったんじゃないかと記憶しているのですがいかがでしょう?

    ラーメンと炒飯を同時に注文するなど贅沢過ぎて、そうゆう発想は無かったのかもしれません。
    まぁこれは個人的な見解ではありますが(笑)

    1. どもども、トッキィさん、コメントありがとうございます。
      残りご飯を使った「焼き飯」でしたよね、家庭料理でした。
      外食となると、もうそれがひとつの贅沢でしたので、家で作れるようなメニューはあまり人気なかったのかもです。
      昭和80年代頃に、ソース味焼き飯・ブームみたいなのがあったような気がします。
      セットもの・・・確かになかったような気もしますね。未だにラーメンと炒飯の単品ずつってのは頼んだことないかもです。
      「ラーチャン」はドリームマッチです♪

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。