三条市 みなとや 本日の日替り定食 / お魚系を欲するお年頃、になりつつあるのかな?

JR三条駅前の旅館兼食堂、「みなとや」。

みなとや・食堂の入口(2017年1月)

「本日の日替り定食」が、680円とお手頃な値段。

なのにおかずの品数多く、しかもお魚系が多く、なんかちょっといい感じなことに気が付きまして、最近、頻繁に寄ってしまいます。

‥‥油っこいのが大好きだったはずなのに、いよいよお魚系を欲するお年頃になったのかしら? 順調に大人の階段のぼってる感じですな、僕の胃袋。

本日の日替り定食・看板のアップ

この日の日替わりは、「鱈の竜田揚げ」に「かす煮」。昼のみですが、食後のコーヒーも付いちゃいます!

鳥瞰図(?)でご覧ください。

日替わり定食(鱈の竜田揚げ、かす煮)

右上から、鱈の竜田揚げ、かす煮、お茶。折り返して、味噌汁、煮菜(にな)、リンゴ、お新香に、大盛りご飯(大盛りは無料)。

ダブル主人公の一人、鱈の竜田揚げ。

鱈の竜田揚げ

竜田揚げにすることで、「タラは淡白で物足りない」という方にも対応。

まー、鶏の竜田揚げと比べるとさすがにサッパリし過ぎてますが、サニーレタス用の?マヨネーズに助けられました(大人の階段、上ってネーじゃん!)。

相方のかす煮。

鮭のかす煮

鮭のガラ(って方言ですかもしかして? アラのことね)、大根、人参で、酒粕と味噌仕立て。ゆず皮もおしゃれ。

鮭の中骨も柔らかく炊かれて、美味しかったです。余談ですけど、「かす煮」ってカスって響きがなんかアレですよね。てか「粕煮」と書くほうがいいかも?

脇役の煮菜の小鉢もいとうれし(五七五)。

ここで新潟県民でない方のために説明しよう! 煮菜とは新潟の郷土料理で、菜っ葉を煮たものなのだ!

そのままやんけという感じですが、実は塩抜きした漬物を煮るのが特徴なのです。が、家庭料理なので家ごとにレシピがあって違いも大きく、漬物を使わないことも多いです。クックパッドとか検索してみるといいかもしれません。

そんな煮菜は、ご飯のオカズに良し、酒のツマミに良し。子供の頃、というか、だいぶ青年になってからもまったく興味なかったのですが、この歳になりますともう、煮菜さえあればすべてはALRIGHT by RCサクセション、っすねぇ~。

まとめますと、原価を考慮しつつ工夫した創作和食的なテイストで、なかなか面白いです。時にはお刺身まで付いちゃったりしますので、「ライオンのごきげんよう」的な、「何が出るかな何が出るかな」的な楽しみがあって良いですね。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市南新保15-8

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. まぁ確かに若い頃は「粕煮」はいかにも年寄り臭い食べ物って思っていましたから、特に菜っ葉系の粕煮は見向きもしませんでしたね。

    肉より魚が好きになり、脂っこいよりサッパリしている食べ物を好むようになって来て、あぁ…俺も歳を取ったんだなぁって感じるようになりました。

    あれほど嫌いだった打ち豆と切り昆布の煮物、車麩を使った煮付けなんかが食べられるようになりましたもんね。
    40代の半ばを過ぎた辺りからかなぁ、年寄り臭い食い物が好きになり始めたのは(笑)

    1. 同じく伊坂十三です。(^^)/ (大江戸捜査網が、もう古いッスね) 煮菜は、むしろ、もう好物の域になりました。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。